八方美人になってない?八方美人な男女の心理や恋愛傾向・改善策とは

  • 八方美人にはこんな特徴も…

    対人関係や性格の特徴を見てきましたが、八方美人にはさらに多くの特徴があります。

    特にこれから紹介する特徴は、八方美人ならば誰もが当てはまる特徴ばかり。これに当てはまれば八方美人の可能性はかなり高くなるため、自分の八方美人度が気になる人はより細かくチェックしていきましょう。

    異性からはけっこうモテる


    異性からけっこうモテるのも、八方美人の特徴だと言えます。誰に対しても分け隔てなく接しているため、異性慣れしていない人からはすぐに好意を寄せられることになります。

    また、異性からしてみれば愛想良くニコニコしている人は、よほど悪いことがない限り印象良く見えます。八方美人は周りからの評価が良いことも多いため、そんな評価も後押しして、素敵な人だと見られやすくなります。

    同性から嫌われることが多い


    異性からモテる八方美人ですが、一方で同性からは嫌われる傾向にあります。八方美人が愛想を振りまく姿が、同性には計算高いと感じられ、疎ましく思えてしまうのです。

    特に同性の場合、八方美人の人の印象と比べられることは珍しくありません。たとえば「○○さんは愛想が良いのにあなたは愛想が悪いのね」と言われたとしましょう。ただ愛想を振りまいているだけの八方美人と引き合いに出されれば、気分が悪くなるのも当然です。

    都合がいい存在として扱われる


    実は八方美人は都合がいい存在として扱われることがほとんどです。NOとは言えない性格であることを知っている人からは、面倒なこともきっとやってくれるだろうと思われています。

    しかし、そんな雑用でも引き受ければ評価が上がると、八方美人は感じます。たとえ都合いい存在だったとしても、嫌われるよりはマシ。評価と自分の居場所が確保できれば問題ないと考えているのです。

    八方美人な自分が嫌い


    意外にも八方美人の大半は、自分が八方美人であることを良く思っていません。むしろそんな自分を嫌いだと感じている人が多く、変わりたいと考えています。

    八方美人にとって、周りの意見に左右されるのはひどく疲れることです。常に周りの顔色をうかがう生活はストレスにもなり、良くないことだとわかった上でやっている自分に嫌気がさします。

    また、自分の意見がないのもコンプレックスの1つになります。自立した人間として見られないため、本当の意味で認めてもらえないもどかしさに虚しさを感じるのです。

    本当の自分がわからない


    周りの意見に同調しているため、自分の意見がほとんどない八方美人。そのため、たびたび「本当の自分とは?」と悩んでしまうことも珍しくありません。

    多くの人は自分の考えや価値観があって、確固たる自分を感じられるはずです。もし自分の考えや価値観がなかったら、地に足がつかない感じがして恐怖を感じる人もいるでしょう。しかし、八方美人の大半は常にその状態だと言えます。

    八方美人の多くは、自分が何をしたいのかも、どこへ流されるのかもわからず、不安で複雑な気持ちを抱いています。

    めったに怒らない


    めったに怒らないのも八方美人の特徴です。怒ることは相手を否定する行為になるため、相手から嫌われたり嫌な印象を持たれたりするかもしれないと感じてしまうのです。

    基本的に嫌われることを何よりも恐れているため、マイナスになりそうなことはしません。たとえ怒りたいことがあっても、自分が我慢すれば空気は乱れないと考えます。

    ただし、そんな様子を見た周りからなめられてしまうこともあります。何をしても怒らない人と思われているため、下に見られ、バカにされることも珍しくありません。