八方美人になってない?八方美人な男女の心理や恋愛傾向・改善策とは

  • 八方美人な人のあるある特徴《対人編》

    八方美人な人には多くの特徴があります。もし自分が八方美人なのかもしれないと感じたら、以下に挙げる特徴と自分を照らし合わせてみると八方美人かどうかが見えてくるでしょう。

    まずは、八方美人の特徴「対人編」です。人と接する時にどのような特徴が出るのか、早速見ていきましょう。

    頼みごとをされたら断れない


    否定すると嫌われてしまうと考えているため、八方美人はNOとは言えない特徴を持っています。そのため、頼みごとをされて自分に都合が悪かったとしても、嫌われたくない一心からつい引き受けてしまうことがほとんどです。

    たとえ自分にとって都合が悪かったとしても、引き受けたから印象がよくなったはずと解釈するため、引き受けたことをそれほど後悔はしません。自分が人一倍頑張ればいいと自己解決してしまいます。

    友達は広く浅く、親友はいない


    誰に対しても良い顔をしているため、交友関係はかなり広いのが八方美人です。誰に対しても愛想を振りまいているため、深く知らない人からは「良い人」だと思われています。

    しかし、本人は常に周りに合わせているだけなため、自分の考えを話せるような相手はいません。とにかく周りの機嫌をうかがっているため、浅い関係しか築けないのです。

    そのため、八方美人は幅広い人脈を持っていながらも親友と呼べる人はほとんどいません。そもそも自分の意見や考えがないため、深い関係の築き方がわからないと感じている人が大半です。

    誰にでも優しく甘い


    誰にでも優しいのが八方美人最大の魅力でしょう。分け隔てなく接し、そこには偏見や固定観念もありません。常に目の前にいる人に良く思われたいと考えているため、誰にでも優しくて甘いのです。

    ただし、その優しさはハリボテのようなもの。目の前にいない人の悪口を目の前にいる人が言っていたら、それに簡単に同調してしまいます。

    誰に対しても優しくて甘いのは表向きは魅力ですが、見方によっては裏切りになることも珍しくありません。

    周りの意見に合わせる


    とにかく周りの意見に合わせることに一生懸命なのが八方美人です。同調して良く思われることが重要なため、自分の意見はほとんど持っていません。自分の意見を言ってこじれるより、周りに合わせたほうがスムーズに事が進むと考えているのです。