「孤独で寂しい」と感じた時の対処法|辛い理由と判断ポイントとは?

似たような境遇なのに、ポジティブでいられる人もいれば、「孤独で寂しい」と感じる人もいます。また、孤独や寂しさに気づかない人もいます。孤独で寂しいと感じる判断ポイントはどこにあるのでしょうか?この記事では、ひとりはつらいと考える人の特徴やその理由、おすすめの対処方法などをご紹介しています。孤独で寂しい気持ちから脱出するためのヒントにしてみて下さい。

  • 孤独で寂しいと感じる…どうすればいい?

    ふとしたとき、孤独で寂しいと感じることはありませんか?落ち込んでいるとき、悩み事があるのに相談できる人がいないとき、他人の暮らしと自分を比べてしまったりしたときなどは、とくに孤独を感じやすいもの。孤独で寂しい気持ちは、ときに「生きているのが辛い」と感じるほど、深刻なものになってしまうことがあります。

    生きているのが辛いほどの寂しさは一大事。心の健康のためにも、寂しさを改善する方法を身につけることが必要です。では、どのように孤独で寂しい気持ちを解決するべきなのでしょうか。おすすめしたい方法をこちらの記事でご紹介しています。

    また、孤独で寂しいと感じやすい人に共通する特徴も一緒にお伝えします。当てはまる人は、孤独を辛いと感じやすいと考えられるので、注意が必要かもしれません。自分は孤独に寂しさを感じやすいタイプなのかどうかを知るためにも、ぜひご覧ください。
  • 「孤独で寂しい」と感じやすい人の特徴とは?

    「孤独で寂しい」「辛い」と感じやすい人には、ある特徴があります。このような特徴を持つ人は、今は平気でも、いつか孤独で寂しいと感じる可能性が高いです。孤独で辛くなる前に、自分は孤独で寂しいと感じやすいタイプなのかどうかを知っておくと安心でしょう。

    以下の6つの特徴から、自分に当てはまるものはないか確認してみてくださいね。

    一人で頑張らなければと思ってしまう


    家のことも、仕事も、人間関係のことも、全て自分一人で頑張ろうとしがちの人は、孤独で寂しいと感じやすいでしょう。このタイプの人は「他人に頼る」ということが苦手で、何でも一人で頑張ろうとしてしまいます。

    しかし、一人で頑張りきれないような事態になったときが問題です。他人に頼ることが苦手ですから、結局「一人で頑張らないと…」と無理をしてでも一人きりで頑張るので、孤独で辛いと感じます。

    モノで気持ちを満たす習慣がある


    孤独で寂しいと感じやすい人は、寂しさを紛らわせるために、色々なものを買って散財する癖がある人が多いようです。物を買うことで気持ちが満たされるので、孤独で辛いと感じるたびに散財し、物で気持ちを満たす習慣がつきます。

    寂しいときに物欲を満たす対処法は、ストレスが溜まっている人もやりがちな行動ですが、寂しくて物でいっぱいにしてしまうケースもよくあるのです。

    コミュニケーション能力が低い


    コミュニケーションが苦手な人は、人との関わりが上手ではないので、「一人ぼっち」と感じやすく、孤独で寂しい思いをしがちです。特に、人と関わりたいのに、コミュニケーション能力が低いがために一人行動が多い人は、孤独で寂しいと感じやすいでしょう。

    コミュニケーションが苦手だと、人と話す機会が少なく、親身になってくれる友達も作りにくいですからね。

    感情の変化に敏感


    感情の変化に敏感な人は、「寂しい」という感情も敏感に察知します。普通の人よりも変化に左右されやすく、少しでも寂しさや孤独を感じると、どんどん辛い気持ちになってしまうのが特徴です。

    「感受性が豊か」とも言えますが、感受性が豊かだからこそ、感情に大きく影響されてしまい、孤独で寂しいと感じやすいのです。

    他人と比較する


    孤独で寂しいと感じやすい人は、他人と自分の暮らしを比較しがちなところがあります。他人よりも自分のほうが交友関係が劣っていると感じる場合に、孤独だ、寂しいと感じやすいのが特徴です。

    自分と他人を比べる必要はないのに、「自分よりも友人が多い」「いつも人に囲まれている」と比較してしまい、「自分はあの人と比べて劣っている。孤独だ」と感じてしまうのです。

    ネガティブ思考


    何事も悪い方向に考えてしまうネガティブ思考の人は、孤独で寂しいという考えに至ることが多いです。「自分は友達が少ない」「頼れる人がいない」「人望が薄い」「必要とされていない自分はなんて孤独な人間なんだ」などと悪い方向に考えてしまいます。

    普段はあまり寂しいと思っていなくても、ふと一人になったときや悩んだときにネガティブな感情が強くなり、孤独で寂しいと感じやすいです。