一日中セックスしよう!朝から晩までエッチ三昧…その楽しみ方とは?

  • 一日中セックスのあるある失敗談

    一日中セックスすると恋人との仲が深まりますが、計画的に行わないと失敗するリスクもあります。

    そこで最後に注目していきたいのが、一日中セックスの失敗談です。失敗談を参考にして、一日中セックスが成功するように工夫をしていきましょう。

    ペース配分を間違えて最後まで持たない…


    「仕事の休みを確保して一日中セックスするために準備はしたものの、張り切りすぎて午前中で断念。最後まで持ちませんでした…」(28歳/男性/技術職)

    一日中セックスで重要なのはペース配分。いくら張り切ってその日を迎えても、始めから飛ばしてしまえば最後まで持ちません。

    ペース配分のミスは、一日中セックスチャレンジで最も多い失敗でもあります。チャレンジする際には、どれだけ張り切っていてもペース配分を見誤らないようにしましょう。

    ご飯を食べたら性欲が半減


    「朝起きてからセックスして、お腹が減ったから朝食はいつもより多めに用意しました。これで体力を回復できると思っていたけれど、食欲が満たされたら性欲がなくなってしまいました」(24歳/女性/看護師)

    食欲を満たすと性欲が落ち着くことを知っている人はあまりいないかもしれません。一日中セックスに備えて食欲をたっぷり満たそうと考えていると、性欲がなくなってしまう場合も。

    一日中セックスをする際は、食欲が満たされないくらいの軽食を用意するのがベストです。しっかりと食事を摂るよりも、間食をし続けることを意識すると良いでしょう。

    アイディアがないと続かない


    「いざ丸一日を使ってセックスしようと思っても、工夫がないとムラムラしないことに気づいて笑ってしまった。笑えたから良かったけど、次から準備は徹底します」(32歳/男性/自営業)

    いくら愛する恋人とのセックスでも、一日中セックスは工夫がなければ飽きるもの。気合だけではどうにもならないのが現実です。

    そのため、少しでも興奮できるように、オモチャやコスプレ衣装、シチュエーションを整えておくことが大切。気合をいれたのに興奮できなければ、2人の間に気まずい雰囲気が流れる恐れもあります。

    コンドームが足りずに断念


    「自分でもびっくりするくらいセックスに夢中になっていたものの、コンドームがなくなったことに気づいて断念。もっと用意しておけばよかったと反省しました」(25歳/男性/介護職)

    いくら一日中セックスに没頭できそうでも、コンドームがなければ続けるのは難しくなります。将来的に子どもが欲しい場合は問題ないものの、予定がない場合は避妊は確実にしたいもの。

    途中で断念して虚しい空気を流さないためにも、コンドームは余分に用意しておくと安心です。