【対面座位の動き方レッスン】男女必見のやり方とコツを徹底解説!

  • 対面以外にも!色々ある座位の種類

    対面座位にはさまざまな種類があります。たくさんのやり方を知っておくことで、セックスの楽しみ方も広がり、より刺激的な時間が楽しめるようになります。

    そんな対面座位の中でも、特に試してほしいおすすめの体位をピックアップ。特徴ややり方、動き方も合わせて紹介していくので、気になる人は是非試していきましょう。

    正座後座位


    正座後座位は、対面座位とは逆の形で行うセックスのやり方です。対面座位は向かい合うやり方ですが、正座後座位は正座した男性に背を向ける形で女性がまたがる体位となっています。

    向かい合ってセックスは出来ないものの、女性は前のめりになりやすく、動きやすいというメリットがあります。さらに男性は後ろから女性の胸やクリトリスを愛撫できるため、女性の感度を高められます。

    対面座位の場合、特に胸やクリトリスへの愛撫がしづらいと感じる男性は少なくありません。後ろからならば手も動かしやすいため、女性をたっぷり愛撫してあげられます。

    屈曲抱え込み前座位


    屈曲抱え込み前座位(くっきょくかかえこみぜんざい)は、ややマニアックな対面座位です。対面座位は女性が動くのが基本ですが、屈曲抱え込み前座位の場合は男性が動く必要があります。

    やり方は、男性がまずソファに座ります。女性は向かい合う形で男性に乗りますが、足は男性の肩に乗せなくてはいけません。男性は女性の背中をしっかりと支えましょう。ちょうど女性がVの字の状態で男性に乗れていれば成功です。

    Vの字に女性は屈曲しているため、自ら動くことは出来ません。男性が女性を支えつつ動かす必要があるため、かなり難易度の高い体位だと言えます。それでもお互いコツを掴めば、より深い挿入感と快感、そして達成感が得られることは間違いありません。

    伸脚前傾後座位


    伸脚前傾後座位(しんきゃくぜんけいこうざい)は、正座後座位とやや似た形の体位となっています。

    やり方は簡単で、男性は足を伸ばした状態で座り、女性は男性に背を向けた形でまたがります。女性は膝立ちでまたがり、男性の足首を掴む形で安定感を確保しましょう。男性は女性のお尻や太ももを支えてあげるのがベストです。

    伸脚前傾後座位は、女性が膝立ちで男性の足首を掴んで動けるため、対面座位や正座後座位よりも動きやすいというメリットがあります。お互いの顔は見えませんが、女性の動きやすさを重視したいならば試して損はありません。

    イス前座位


    イス前座位は初心者でも試しやすい対面座位の1つです。用意するのは肘掛けがなく、幅が狭い椅子だけ。

    男性は椅子に浅く腰掛けます。その上に向かい合う形で女性がまたがり、男性は女性の背中やお尻を支えてあげましょう。女性は床に足をつけた形で動けるため、他の対面座位と比べて動きやすく、疲れにくいというメリットがあります。

    なかなか対面座位が上手く出来ないという人は、まずはイス前座位からチャレンジしてみるのがおすすめ。イス前座位は対面座位の基本が詰まっている体位であるため、慣れてくれば対面座位も簡単に出来るようになります。