付き合う前のデート【必勝マニュアル】頻度や場所・服装まで解説!

付き合う前のデートは、恋の成就には欠かせません。相手を知り、自分を知ってもらうための絶好の機会なため、あとから「こんな人だったのか…」とガッカリしないためにも、付き合う前のデートはとてもオススメです。そこで今回は、付き合う前のデートのポイントを紹介。おすすめの場所や注意点など、細かく解説していきます!

  • 付き合う前のデートには意味がある?

    付き合う前のデートはしておいたほうが良いと、ほとんどの人が思うでしょう。理由はさまざまで、「距離を縮められる」「相手を知ることができる」「自分を知ってもらえる」など、付き合う前のデートにはメリットがたくさんあります。

    しかし、中には付き合う前にデートする意味って本当にあるのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。人によっては、付き合うってなに?どういうことなのだろうと疑問に思う人もいます。

    そこでまずは、一般的に多くの人が考えている「付き合う」の定義や、付き合う前のデートの意味に注目。どんな意味があるのかチェックしていきましょう。

    そもそも「付き合う」の定義とは?


    「付き合う」の定義は人それぞれ異なるため、これだというものはありません。それでも、ほとんどの人は「付き合おう」と言葉を交わしてから交際はスタートするものだと考えています。

    付き合うことによって、ふたりの関係は「恋人」になります。恋人になれば友達とはしないようなハグやキス、セックスをするのは当たり前になり、恋人以外とやれば浮気だと疑われます。

    付き合って恋人になることは、他の人よりも特別になることを意味しています。愛情を言葉で伝えたり、愛を育む行為をしたり、それが一般的に広く知られている「付き合う」ということです。

    付き合う前のデートはお互いを知る期間


    付き合うためには、お互いを知らなければなりません。人には相性があるため、相性が良い相手を見つける必要があります。相性が良ければ一緒にいる時間が楽しくなり、相手の魅力的なところも見つけやすくなります。そんな発見が恋へと発展していくのです。

    そのためにも、付き合う前のデートはしたほうがいいと言えます。二人でどこかに出かけることで、普段は見られない一面を発見できることも少なくありません。相手の良いところだけではなく、嫌なところを知るためのチャンスでもあります。

    付き合うためには、良いところだけでなく悪いところも知っておいたほうが、交際が上手くいきやすいのが事実です。後悔しないためにも、相手のことがよくわかる「付き合う前のデート」は、できるだけしたほうがいいと言えるえでしょう。
  • 付き合う前のデートのベストな頻度とは?

    いざ付き合う前のデートに挑戦しようと思っても、どのくらいの頻度でデートをすればいいのか疑問に思う人もいるはずです。

    そこでまずは、付き合う前のデートでおすすめの頻度を紹介。また、頻度を決める上で参考になるポイントも解説していきます。

    2週間に1回程度が目安


    基本的には、2週間に1度くらいのペースで付き合う前のデートをするのがおすすめです。

    2週間に1度の間隔でデートをすることで、デートで知った相手の一面や自分の気持ちについて、十分に整理することができます。付き合う前は慎重になることが多いため、あまり短い間隔でデートをすると、本当に相性がいいのかわかりづらくなるデメリットがあるのです。

    特に、付き合う前に相手のことを多少なりとも気にいっている場合、1度のデートで気持ちが盛り上がることは珍しくありません。テンションが上がった状態だと冷静に判断できなくなり、相手を必要以上に美化してしまいます。お互いにとって良いことではないため、冷静になるためにも2週間に1度が丁度良いと言えるのです。

    告白は3回目のデートで


    告白を考えている場合は、だいたい3回目のデートでするのがおすすめです。3回目のデートならば、ある程度お互いを知っているだけでなく、相手も自分に好意を抱いている可能性が高くなります。

    大半の人は、デートはある程度気になる人とするもの、という認識を持っているはずです。1回目のデートを「お試し」のつもりでする人は多くいますが、2回目以降はよほど気にならないとデートしません。そのため、3回もデートをすれば、高確率で「脈アリ」を期待できるのです。

    また、3回目のデートで告白をしないと、相手からは「遊びなのかな」と不安に思われる恐れも。3回もデートをしていれば、たいていの場合は次の段階に進みたいと考えるものです。いつまでも告白しないと、逆に関係を悪化させてしまうかもしれません。

    デートの時間は長過ぎない程度に


    デートの時間も注意したいポイントです。付き合う前のデートでは、あまり長時間のデートは避けたほうが良いでしょう。

    付き合う前の段階で長い時間デートをすれば、相手から不誠実だと思われるリスクがあります。慣れている、遊んでいると思われる可能性もあるため、短い時間でデートを終わらせたほうが誠実さをアピール出来るのです。

    特に、夜のデートは避けたほうが印象がいいでしょう。あまり遅い時間帯までデートをすると、遊んでいると思われるリスクが高まります。体の関係を迫られたり、許していると思われたりするため、付き合う前のデートは昼間の短い時間で完結させましょう。

    グループデートは何度やってもOK


    付き合う前のデートは3回が基本と紹介しましたが、グループデートの場合は回数は気にしなくてOKです。

    グループデートはデートと言いつつ、友達と遊んでいる感覚に近く、特別感があまりありません。そのため、まだ告白をするには距離が遠いと感じるならば、グループデートで距離を縮めてみるのが良いでしょう。

    お互いの理解がある程度深まったら、二人きりのデートに誘い、3回目をメドに告白すればOKです。

    多忙な場合は月1デートがおすすめ


    2週間に1度のペースがちょうどいいと言われていますが、人によっては忙しく、そこまで時間をとれないと悩む人も多いでしょう。その場合は無理をせず、月1のデートでも問題ありません。

    忙しい中で時間を作って2週間に1度デートをすれば、相手からより意識されることもあるでしょう。しかし、いざ付き合うことになったら、無理をしている状態を引き続き求められてしまいます。せっかく付き合えたのに、疲れを感じることが増えてしまいます。

    そうならないためにも、付き合う前だからこそ時間に関することは無理をしないのがおすすめ。月1でとびきりのデートを計画して、好きな人との距離を縮めていきましょう。

    手応えがない場合は日を空けるのもアリ


    付き合う前のデートでは、頻度を気にしないほうが良いケースもあります。たとえば、1度目のデートで手応えを感じられなかった場合です。

    1度目のデートでは、相手に好意がある可能性は高くも低くもありません。ある程度は気に入ってくれている可能性はありますが、脈ナシに近い状態でデートをしている場合も否定出来ないのです。

    そのため、もし1度目のデートで脈ナシだと感じたら、アピール方法を見直すことが大切です。今はデートをする段階ではないと考え、別の方法で少し距離を縮めた上で2回目のデートに誘ってみましょう。