「欲しいものがない人」の心理とは?物欲がない時の対処法も解説!

  • 何を選ぶ?欲しいものがない人へのプレゼント

    プレゼントを贈る機会に、「欲しいものがない」と言われて困ったことはありませんか。相手に「欲しいものがない」からといって、何も贈らないのは寂しいですよね。とはいえ、無理やり押し付けて迷惑に思われるのもよくありません。

    では、「欲しいものがない人」にはどんなものをプレゼントしたら良いのでしょうか?形に残るものは確かに好みが大きく分かれますが、そうでなければ貰って困るということも少ないでしょう。

    たとえば消耗品や実用品などは、生活のプラスアルファになることが多いです。消極的な方法ではありますが、誰が貰っても困らないものを基準に考えてみましょう。

    旅行やマッサージなど気分転換になるもの


    欲しいものがない人へのプレゼントに特別感を持たせたいなら、旅行やマッサージがおすすめです。旅行やマッサージなどのリラクゼーションは、人を選ばず前向きな認識が持たれています。日常的に体験できることでもなく、特別感もバッチリです。

    実際に気分転換やリフレッシュの効果も期待できますので、内容としても申し分ないでしょう。労いの言葉や感謝の気持ちを添えてあげると、なお良いです。

    ただし、旅行先やプランに相手の好みを盛り込めるよう、事前のリサーチは多少なりとも必要となります。

    食品などの消耗品


    食品などの消耗品は、長く形が残らない上に生活のプラスとなる場合が多いです。特に一人暮らしの人や世帯持ちの人にとって必要性が高く、喜ばれるでしょう。

    食品や消耗品といっても、普段なかなか手が届かないようなブランド物やご当地の物であれば、プレゼントとしての特別感もあります。

    食に興味があるのか、料理が好きなのか、あるいは美容やバスタイムにこだわりがあるのかなど、相手の趣味趣向を把握しておくとスムーズです。全く情報が掴めないのであれば、食品を選ぶのが無難でしょう。

    相手の好みに合うもの


    相手の好みを詳しく把握しているのであれば、嗜好に合ったものを選ぶのがベターです。ただし、あなたにとってよく分からない分野であれば、気安く踏み込むべきではないでしょう。

    たとえばキャラクターものを好むような場合には、そのキャラクターに関するものから選んであげるのが無難です。グッズのような形ある物でも問題ないでしょう。テーマパークのチケットなども選択肢として考えられます。

    注意が必要なのは、こだわりの深い分野です。スポーツや車、ブランド物などは自分の好みで固めている可能性があります。好みに合わないものだと、使われずに終わってしまうことになりかねませんので、物として贈るのはリスクが高いでしょう。

    実用性の高いもの


    実用性が高いものは、物を多く持たない人にとっても有用です。「欲しいものがない人」にも無難に贈ることができます。

    たとえば学生や会社員であれば、ボールペンや手帳などのステーショナリーが実用的です。しっかりとしたブランド物であれば、贈り物としても上等でしょう。家事育児で忙しい人であれば、家電やキッチン用品などが喜ばれます。

    相手の生活や仕事から、必要そうなものを割り出すようにしましょう。実用品には消耗品も多いので、役立ててもらえる可能性が高いです。