「欲しいものがない人」の心理とは?物欲がない時の対処法も解説!

  • 欲しいものがないと感じる時の対処法!

    欲しいものがない状態は、そのままにしておける問題ではありません。物欲は人生を充実させるための重要な要素だからです。欲しいものを目標に頑張れたり、欲しいものを手に入れて癒されたりと、エネルギーや癒しを感じる人も多いでしょう。

    また、「欲しいものある?」という質問に答えられないのも困りものです。相手を困らせるだけでなく、自己嫌悪に陥ることも少なくありません。

    欲しいものを見つけるために、以下の対処法を試してみてください。

    休養を取る


    心身の疲れが欲求に影響している可能性を考慮し、まずは体を休めましょう。体が疲れていると、脳の働きも鈍くなります。それによって、あらゆる欲求が弱まってしまうこともあるでしょう。

    多忙を極めていたり、睡眠が満足に取れていなかったりする場合には、休養によって回復する見込みがあります。体を休ませるだけでなく、頭もきちんと休ませてあげることがポイントです。考え事や仕事の問題などで、頭を稼働させることのないようにしましょう。

    精神状態を確かめる


    欲しいものがない状態が長く続いているのであれば、精神状態を確認してみましょう。欲しいという感覚の他、鈍くなっているものはありませんか。

    楽しいと感じることがなくなっていたり、人に会うのが億劫になっていたりすると、精神状態の衰弱が考えられます。なんとなくぼんやりしていたり、暗く重い気持ちになっていたりする場合も要注意です。

    ストレスを感じている物事から極力離れるなど、本来の精神状態を取り戻すことに努めましょう。

    お金を無理に使わず貯蓄する


    今は貯蓄しておいて、後々に欲しいものができたときに備えるのも良いでしょう。欲しいものがないのであれば、無理に消費する必要もありません。

    金銭的な余裕を作っておくことで、物を欲しがることへのマイナスイメージを軽減することにも繋がります。ただし、貯蓄することが目的にならないよう注意しましょう。お金は使うためにあるものです。

    日々の生活を過ごす中で、自分の自然な感覚を思い出せるように意識していきましょう。

    自分の気持ちを追求する


    周りがどう感じるかではなく、自分がどう感じるかをきちんと考えましょう。これまで周囲に合わせるのが普通だった人にはとても難しく、とても重要なことです。

    物に対する欲求はもちろん、何をしたいのか、どうなりたいのかなど、自分の欲求全般に問いかけてみるのが良いでしょう。その中で自然と物欲が出てくるかもしれません。

    何が好きで、どんなときに嬉しいと感じるのかを思い出して、前向きな感情を取り戻せるように意識しましょう。あなたが忘れてしまっているだけで、本当はいろんな気持ちが眠っているはずです。

    体を動かしてリフレッシュする


    欲しいものがないと悩むとき、頭の中は凝り固まっているかもしれません。体を動かして、思考回路をリセットしましょう。

    体を動かすことは、気分転換に非常に有用です。マイナスな気分を吹き飛ばしてくれる効果があります。欲しいものがなくてもいいと思えたり、あるいは思い切って手を伸ばしてみようと思えたりする可能性もあるでしょう。

    欲しいものがない状態に対し、前向きな気持ちを持てる見込みがあります。

    物以外にお金を使う


    必ずしも形あるものが大事ということはありません。欲しいものがない状態に不安を感じるのであれば、物以外のことに目を向けてみましょう。

    たとえば旅行やエステなど、物ではなくてもあなたの気持ちを満足させられる事柄があるはずです。それらを通して心身がほぐれ、物欲が芽生える可能性もあります。物欲にこだわりすぎず、自分が興味を示せるものにフォーカスしましょう。
  • 何を選ぶ?欲しいものがない人へのプレゼント

    プレゼントを贈る機会に、「欲しいものがない」と言われて困ったことはありませんか。相手に「欲しいものがない」からといって、何も贈らないのは寂しいですよね。とはいえ、無理やり押し付けて迷惑に思われるのもよくありません。

    では、「欲しいものがない人」にはどんなものをプレゼントしたら良いのでしょうか?形に残るものは確かに好みが大きく分かれますが、そうでなければ貰って困るということも少ないでしょう。

    たとえば消耗品や実用品などは、生活のプラスアルファになることが多いです。消極的な方法ではありますが、誰が貰っても困らないものを基準に考えてみましょう。

    旅行やマッサージなど気分転換になるもの


    欲しいものがない人へのプレゼントに特別感を持たせたいなら、旅行やマッサージがおすすめです。旅行やマッサージなどのリラクゼーションは、人を選ばず前向きな認識が持たれています。日常的に体験できることでもなく、特別感もバッチリです。

    実際に気分転換やリフレッシュの効果も期待できますので、内容としても申し分ないでしょう。労いの言葉や感謝の気持ちを添えてあげると、なお良いです。

    ただし、旅行先やプランに相手の好みを盛り込めるよう、事前のリサーチは多少なりとも必要となります。

    食品などの消耗品


    食品などの消耗品は、長く形が残らない上に生活のプラスとなる場合が多いです。特に一人暮らしの人や世帯持ちの人にとって必要性が高く、喜ばれるでしょう。

    食品や消耗品といっても、普段なかなか手が届かないようなブランド物やご当地の物であれば、プレゼントとしての特別感もあります。

    食に興味があるのか、料理が好きなのか、あるいは美容やバスタイムにこだわりがあるのかなど、相手の趣味趣向を把握しておくとスムーズです。全く情報が掴めないのであれば、食品を選ぶのが無難でしょう。

    相手の好みに合うもの


    相手の好みを詳しく把握しているのであれば、嗜好に合ったものを選ぶのがベターです。ただし、あなたにとってよく分からない分野であれば、気安く踏み込むべきではないでしょう。

    たとえばキャラクターものを好むような場合には、そのキャラクターに関するものから選んであげるのが無難です。グッズのような形ある物でも問題ないでしょう。テーマパークのチケットなども選択肢として考えられます。

    注意が必要なのは、こだわりの深い分野です。スポーツや車、ブランド物などは自分の好みで固めている可能性があります。好みに合わないものだと、使われずに終わってしまうことになりかねませんので、物として贈るのはリスクが高いでしょう。

    実用性の高いもの


    実用性が高いものは、物を多く持たない人にとっても有用です。「欲しいものがない人」にも無難に贈ることができます。

    たとえば学生や会社員であれば、ボールペンや手帳などのステーショナリーが実用的です。しっかりとしたブランド物であれば、贈り物としても上等でしょう。家事育児で忙しい人であれば、家電やキッチン用品などが喜ばれます。

    相手の生活や仕事から、必要そうなものを割り出すようにしましょう。実用品には消耗品も多いので、役立ててもらえる可能性が高いです。