初オナニー事情を大調査!【男女別】平均年齢やそのきっかけとは?

  • 初オナニーのやり方!《女性編》

    次に注目していくのが、初オナニーのやり方、女性編です。女性のオナニー方法は男性よりもバリエーションが豊富で、自分に合ったやり方を見つけることが大切です。

    今回は基本的な初オナニーのやり方を紹介していきます。基本を踏まえた上で、自分なりに工夫してオナニーを楽しんでいきましょう。

    必要なものを準備しておく


    男性同様、オナニーをする際は事前準備が必要です。特に初オナニーをする場合、準備をしていないと終わった後に困ることも出てきます。

    女性の場合、男性のように射精はしませんが、膣から愛液が流れ出てきます。粘り気のある透明な体液で、感じれば感じるほど大量に出てくるものだと覚えておきましょう。

    オナニーが終わった後に性器や太ももを綺麗にするために、ティッシュペーパー、またはウエットティッシュを用意しておくのがおすすめです。また、下着が汚れる可能性があるため、替えの下着を用意しておくと良いでしょう。

    胸を触って興奮を高める


    初オナニーの時点では、どこの性感帯で自分が感じられるかわからないことがほとんどです。そのため、まずは興奮を高めるために自分の胸に触れてみましょう。

    触り方は自由です。揉んでみたり、優しく触れたりするだけで気持ちよさは感じられるはずです。また、乳首は多くの女性が感じる性感帯の1つ。乳首でもさまざまな触り方を試して、自分が気持ちいいと思えるやり方を見つけていきましょう。

    興奮できるものを使う


    女性の場合も興奮できる「おかず」があったほうが、うまくオナニーが出来ます。男性と同じように、妄想の材料となるものを用意して、それを利用しながら快感に浸っていきましょう。

    特に初オナニーの場合は、緊張していることが多いため、なかなか感じられないことがほとんどです。初オナニーを成功させるためにも、自分がムラムラするような興奮材料を用意しておきましょう。

    また、興味がある人は、大人のオモチャにチャレンジしてみるのもおすすめ。女性の性感帯を刺激することができるオモチャの種類は多く、自分にぴったりのものを見つけるのも楽しみの1つです。初オナニーで使うには勇気が必要ですが、興味がある人はぜひ試してみてください。

    気持ちいいところを探りながら触る


    オナニーのやり方で重視したいのが、自分の気持ちいいところを見つけるということです。どの部分が気持ちいいのか、どんな触り方が好きなのか、自分の体で実験するイメージでオナニーしていきましょう。

    実は、オナニー経験がないと、セックスをした際に上手く感じられないことがあります。どこを触ったら気持ちいいかわからないため、相手に気持ちいいところを伝えられません。日頃からある程度性感帯を刺激していなければ、触られても鈍い快感しか得られない場合もあります。

    気持ちよくないセックスは痛みを伴うことが多いため、今後のためにもオナニーで自分のことを知っておくことが大切なのです。