お腹を空かせる方法まとめ!空腹のメカニズムや意外なメリットも解説

  • お腹を空かせる方法《ツボ編》

    お腹を空かせる「ツボ」があります。ツボを指圧するだけでお腹を空かせる効果が期待できる手軽な方法です。寝ながらできるものや、スキマ時間に押せるツボを4箇所ご紹介します。

    陽谿(ようけい)


    冷え性の改善や胃の働きを活発にする効果が期待できる「陽谿」というツボは、手の甲にあります。まず、手のひらは手の甲を上にして、親指を反らせるように指を広げてください。

    すると、親指の付け根手付近に筋が2本浮き出ます。筋の真ん中は凹んだ部分になっているので、そこを軽く押して刺激しましょう。1回あたり10秒くらい、痛気持ちいいくらいの加減で5回前後押します。

    合谷(ごうこく)


    「合谷」は、消化不良の改善に効果が期待できるツボです。手にあるので、いつでも気軽に刺激できるのがメリットですね。場所は、親指と人差し指の付け根の間にあります。

    合谷は消化不良に効果があると言われているのですが、口内炎や腰痛などにも効果を期待できるんです。気軽に押せる場所なので、お腹を空かせたい時はもちろん、他の不快症状を改善したいときにも役立つツボですよ。

    押すときは人差し指、親指で合谷を挟むように押します。痛気持ちいいくらいの力加減で押してくださいね。

    中脘(ちゅうかん)


    「中脘」は、お腹にあるツボです。みぞおちとオヘソを結んだ真ん中あたりにあるツボで、内臓の働きを活発にする効果があると言われています。中脘の「脘」とは胃のことを意味しているので、特に消化機能や胃腸に効果を期待できる場所です。

    中脘は、オヘソの上に両手の親指以外を横向きに置いた際の、中指あたりにあります。この部分を5回前後、左右の中指で強めに押していきましょう。

    1回あたり10秒くらい、ゆっくり息を吐きながら押します。押す力を弱めていくときは、逆に息を吸いましょう。

    内関(ないかん)


    「内関」は、空腹を促す効果があると言われているツボです。内関を指圧することで、心地良い空腹感を感じられるようになるでしょう。場所は、手の甲を下にして手首を曲げると浮き出てくる筋の位置。手首を曲げ、浮き出るシワに指を3本当ててみてください。3本分離れたところが、ちょうど内関です。

    内関を押すときは、少し痛みを感じるくらいの強さで10秒ほど押してください。