お腹を空かせる方法まとめ!空腹のメカニズムや意外なメリットも解説

  • お腹を空かせる方法《運動編》

    お腹を空かせたい!と思ったときに真っ先に頭に浮かぶ考えが「ちょっと体を動かそう」ではないでしょうか。体を動かせば内臓が温まりカロリーも消費されるので、適度な運動であればお腹を空かせるのに一役買ってくれるはずです。ここでは、4つの運動をピックアップしてみました。

    有酸素運動をする


    有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、縄跳び、踏み台昇降運動など、手軽にできる運動が多いのでおすすめです。負荷の少ない運動をある程度長い時間行う有酸素運動は、血行を促進し、体を温め、内臓機能を活発にする効果を期待できます。

    お腹が空かない人は、体が冷えて内臓機能が低下している可能性が高いので、体温が低めの人、運動習慣がない人は、有酸素運動を取り入れてみてください。

    ストレッチを行う


    歩いたり、走ったりするのが苦手な人や、天気に左右されない方法を実践したい人は、ストレッチがおすすめです。ゆっくり、深く呼吸をしながらのストレッチは、内臓の働きを活発にする効果に期待ができます。

    ストレッチをするときは、体の伸びている部分を意識して行うのがポイント。意識するのとしないのでは、効果が変わってくるんだそうですよ。ちなみに、ストレッチは食後に行うと体調不良を起こす可能性があるので、食前に行うか、食後2時間前後たったタイミングでやりましょう。

    水泳


    水泳はカロリー消費が大きい運動です。カロリー消費が大きいほど、お腹を空かせることができるのでおすすめ。たとえば、個人差がありますが、クロールなら1時間で1,000キロカロリー消費できるとも言われています。

    ただ、1時間ずっとクロールをするのは難しいですよね。長時間水の中で運動するなら、水中でのウォーキングが良いでしょう。水の抵抗、圧力によってカロリー消費がアップします。水中をウォーキングするだけなら、泳げない人でもできますよ。

    フラフープ


    フラフープも有酸素運動のひとつですが、フラフープは腰回りを動かすのがポイント。腰回りをぐるぐると動かすことで、内臓が刺激されるからです。

    リビングが広ければ、部屋の中ですることもできますし、子供がいれば庭や公園で一緒にやると、コミュニケーションになって良いですよ。もしフラフープが家の中や庭でできなければ、その場でフラフープをするように腰回し運動をするのも効果的です。