お腹を空かせる方法まとめ!空腹のメカニズムや意外なメリットも解説

  • お腹を空かせる方法《生活編》

    生活の中でお腹を空かせる方法もあります。毎日の生活習慣は、お腹を空かせる重要なポイントに。健康と美容のためにもなる、お腹を空かせる方法を4つ提案しますね。

    たくさん話す


    会話をすることで、肺や胃腸などが動かされます。特に、大笑いするような会話は内臓も筋肉もよく動くので良いですね。友達や家族と会話を楽しみながら食事やお茶をしていると、お腹いっぱいになっても、またお腹が空いてきませんか?それは話すことで内臓が活発になり、消化がよくなるためです。

    また、会話は脳も使うので、エネルギーをよく使うんです。テンポよく会話をしているとき、脳はフル稼働しているんですよ。ですから、お腹を空かせるには、食事前や食事中などに会話を楽しむ環境を作ってみてください。

    睡眠をとる


    睡眠は体の健康維持のために欠かせないこと。食欲とは関係なさそうに感じますが、きちんと睡眠をとることで自律神経のバランスがよくなる効果があるんです。自律神経が整うと、日中は活発的に、リラックス時は休息モードになるなど、メリハリがつきます。

    このように神経のバランスがとれていると、内臓も活発になり、お腹が空くようになるのです。

    便秘の解消をする


    普段から便秘気味の方は、お腹があまり空かないと感じませんか?便秘でお腹が詰まっていると、胃が圧迫されてしまうので空腹を感じにくくなると言われています。

    また、便がお腹の中で腐敗することで体に良くない毒素が発生。その影響で、消化器全体の動きが悪くなり、便秘・食欲不振など悪循環を招くのです。ですから、便秘を解消することで内臓機能が活発になり、お腹が空きやすくなります。

    しかし、どう頑張っても出ない時ってありますよね。そんなときは薬を頼るのも手です。ただ、薬を飲まないと出せないようになる可能性があるので、なるべく自然に解消できるように生活習慣の改善で便秘解消を目指しましょう。

    脳を働かせる


    脳を使うことでエネルギーを大きく消費することができます。無意識に脳は常に働いていますが、意識して脳が働くことをするとより効果的です。仕事などに役立てるなら資格の勉強をしてみたり、他にもジグソーパズル・テレビゲーム・読書もいいですよ。

    体を積極的に動かしてお腹を空かせるのは合わないな…という方は、脳を働かせる方法でお腹を空かせてみてはいかがでしょうか。

    家事をする


    家事はしっかりやろうとすると、かなりエネルギーを使う運動になります。思い切りお腹を空かせるときには、家具も移動させながらの大規模な掃除をしたり、家中を雑巾がけしてみてはいかがでしょう。

    雑巾がけは屈んだ姿勢で行うので、モップで床を拭くよりもカロリー消費が多いです。それに、雑巾を絞るときの動きも実はいい運動になっているんですよ。

    お腹を空かせるタイミングの前に、掃除、洗濯などの家事をすると、たくさん食べたいときにちょうど良くお腹が空くでしょう。

    半身浴をする


    みぞおち辺りまで浸かるくらいのお風呂に、10分以上浸かり体を芯まで温めましょう。お風呂のお湯には、発汗を促進する入浴剤を入れるのもおすすめ。たっぷり汗をかくくらい体を温めると、内臓も温まるので働きが活発になります。

    体を芯から温める半身浴は、運動したときと同じように体が温まりますし、カロリーも意外と消費されるので、お腹を空かせるのにおすすめの方法です。