お腹を空かせる方法まとめ!空腹のメカニズムや意外なメリットも解説

  • お腹を空かせる方法《食事編》

    まずは、お腹を空かせる方法「食事編」です。食事前にできることや、お腹を空かせるメニューを選ぶなど、食事に関する方法を4つご紹介します。

    消化にいいものを食べる


    食欲がない状態のときは、胃腸が弱くなっている可能性があります。無理に食事をとらず、まずは消化の良いものを食べてみましょう。胃腸が弱くなっているのに、いきなり焼肉やステーキなど、重たいものを食べると、具合が悪くなってしまうこともあるので要注意。

    まずはスムージーを飲んだり、スープを食べてみてください。胃腸が温まり、食べ物を受け入れる準備ができるので、お腹を空かせる効果が期待できますよ。

    食べる順番に気を付ける


    食事は「スープや野菜」「肉や魚」「炭水化物」のような順番で食べるのが良いとされています。軽いものからお腹に入れることで、胃腸が刺激されて動き出し、食べ物を受け入れる準備や、お腹を空かせる効果が期待できるのです。

    いきなり甘いものや肉類、炭水化物を食べると、すぐに血糖値が上がり満腹感を感じます。ですから、お腹を空かせたいときには、まず「準備体操」として野菜やスープなどを軽くお腹に入れてみてくださいね。

    スパイシーな食べ物を食べる


    生姜、コショウ、唐辛子など辛味のあるスパイシーなものは、消化器を刺激し、消化液の分泌を増やす効果があると言われています。消化液が増えると食欲が増すので、お腹を空かせるにはスパイシーな料理を選んだり、食事の前に生姜湯などを飲んでみると良いでしょう。

    夏バテして食欲はないのにカレーならたくさん食べられた、という経験はありませんか?それも、スパイスの効果で消化器が刺激され、食欲が増進されているからなんですよ。

    お酢を使った料理を食べる


    お酢には、唾液や胃液の分泌を促進する効果があると言われています。唾液や胃液の分泌が活発になると、食欲が増進し、お腹を空かせることができるのです。

    お酢を使った料理を食べると、疲れているときや夏バテのときでも食欲が湧いてきます。それは、唾液や胃液が増えることで、お腹を空かせることができているからなのです。