性格悪い男はなぜモテる?性格が悪い男のあるある特徴&モテる理由

  • 性格が悪い男の見分け方

    男性が性格の悪い男に遭遇してしまった場合は、極端な話ですが、相手にしなければ良いでしょう。

    しかし、女性がもし性格の悪い男に引っかかってしまったら…?うっかり彼氏にしてしまうと、面倒な思いをしてしまう可能性が高いです。

    こちらでは、性格が悪い男の見分け方をご紹介します。言い寄ってきている男性、気になる男性にあてはまるところがないか、チェックしましょう!

    店員さんへの態度をチェック


    性格の悪い男は、レストランやお店で店員さんに対して態度が大きくなりがちです。店員さんの「お客様には強く出られない」という立場を分かっているからです。

    店員さんに対して乱暴な口の利き方をしていないか、上から目線のタメ口を使っていないか、チェックしましょう。

    自分に対して反撃できない立場の人に横柄な態度を取るのは、自分が偉いと勘違いしている、または小心者であることのあらわれです。いずれにせよ、「こっちは金を払っている客だ」という態度の男と一緒に居るのは不愉快ですよね。

    長い付き合いの男友達がいるかどうか


    性格の悪い男の特徴として、長い付き合いの男友達がいないことがあげられます。

    男同士の付き合いは「楽しければつるむ、楽しくなければ離れる」「頼れる奴だから付き合いを続けたい、信用できないやつとは付き合わない」とシンプルです。

    長い付き合いの男友達が一人もいない場合は、楽しくない、信用できない人物だから友達が離れて行った、と解釈できます。そのため、性格が悪い男である可能性が高く注意が必要です。

    ネガティブな独り言ばかり言っていないか


    ネガティブな内容の独り言が多い男性は、残念ながら性格が悪い男です。

    ネガティブな独り言には、頼みごとをされた後に聞こえてくる小声の「めんどくせーな」や「自分でやれよ」、質問をされた後にボソッとつぶやかれる「知るかよ」や「自分で調べろ」などがあげられます。聞いてしまったこちらまで不愉快になりますね。

    なお、舌打ちもネガティブな独り言と同じく要注意です。

    金銭に細かすぎないかチェック


    性格の悪い男は、お金に執着しています。お金は価値が分かりやすく、力の象徴でもあるためです。卑屈で自分に自信がないタイプの性格の悪い男は、金銭に細かくお金を出し渋ります。

    割り勘をする時に、1円単位まで細かくきっちり請求してくる男は要注意です。単に几帳面な性格という可能性もありますが、普段は大雑把なのに支払いの時だけ細かい男は、お金に執着していると見ていいでしょう。