プラトニック不倫とは?普通の不倫との違いやリスク&注意点を解説!

  • プラトニック不倫をする際のリスクとは?

    リスクがあまりないと思われがちなプラトニック不倫ですが、当然リスクは伴います。プラトニック不倫をする際のリスクを確認していきましょう。

    肉体関係になる可能性がある


    プラトニック不倫をはじめた当初は、精神的な繋がりだけで満足することができるでしょう。しかし、時間が経つにつれて、お互いに肉体を求めてしまう可能性が高い関係とも言えます。

    また、どちらか一方でも相手と結ばれたいと思ってしまった時点で、プラトニックな関係性は破綻しかねません。結局そのまま肉体関係を持ち、普通の不倫をしてしまうカップルも珍しくはないのです。

    関係が長引きやすい


    普通の不倫は肉体関係を前提に進展するため、罪悪感が伴いやすいものです。しかし、気持ちだけの恋愛をするプラトニック不倫は、自身が配偶者を裏切っているという自覚が薄いため、罪悪感も抱きにくい傾向があります。

    そのため、決定的なことが起こらない限り、プラトニックの相手との関係が長引いてしまう人が多いのです。

    慰謝料が発生するケースもある


    配偶者がプラトニック不倫を訴えれば、慰謝料が発生するケースも充分に考えられます。ただし、肉体関係を持っていないので「不貞行為」とは認定されにくいです。

    しかし、配偶者を精神的に追い詰めたことで「不法行為」と判断される場合があります。当然、不倫相手にも慰謝料請求する可能性も否定できません。

    「プラトニック不倫だから訴えられない」とは限らないのですよ。

    普通の不倫よりも配偶者を傷つける


    精神的に不倫相手と繋がるプラトニック不倫は、普通の不倫よりも配偶者を傷つけてしまう恐れがあります。愛するパートナーが自分以外の異性と肉体関係を持つよりも、恋愛感情を持っていた方がショックを受ける人も多いのです。

    結婚までした相手が自分以外を好きになるほど、惨めなことはないでしょう。プラトニック不倫だから配偶者を傷つけない、ということは決してありませんよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)