プラトニック不倫とは?普通の不倫との違いやリスク&注意点を解説!

  • プラトニック不倫をする際の注意点!

    もし、自分がプラトニック不倫をする立場になった場合、何に気を付ければいいのでしょうか。プラトニック不倫する際の注意点をまとめました。

    相手に依存しないよう気を付ける


    プラトニック不倫は肉体関係を持たない分、精神的な結びつきが強い関係と言えます。そのため、相手に対して依存しやすい傾向が見られます。

    しかし、相手に依存し過ぎてしまうと、本来のパートナーである配偶者との関係が破綻してしまう恐れがあります。あくまで優先すべきは配偶者であると念頭に置いて、行動するよう心がけましょう。

    プラトニック不倫のリスクを理解する


    肉体関係がないプラトニック不倫なら、「不倫じゃない」「慰謝料は発生しない」と勘違いしている人も多いでしょう。しかし、食事やLINEだけのプラトニック不倫の関係でも、配偶者にとってはその行為が不倫と認識されるケースもあります。

    配偶者が「精神的に苦痛を受けた」と訴えれば、自分だけではなくプラトニックの相手にも慰謝料請求はされると考えてください。また、当然ですが、相手の配偶者にも訴えられる可能性は充分にあります。

    プラトニック不倫のリスクを再認識して、行動するようにしましょう。

    証拠隠滅をする


    プラトニック不倫が表沙汰になった場合、配偶者や子供など、自分に関わるすべての人が不幸になるのは明白です。そのため、不倫がバレるという窮地に陥らないように、不倫に繋がる証拠は確実に隠滅してください。

    「たった一枚くらい」「このメッセージだけ」と安易に写真やLINEを残すのはいけません。些細な証拠から関係が公になるかもしれない、と肝に銘じておきましょう。

    他言しない


    スリルや興奮を味わうと、誰かにその気持ちを伝え、共有したいと考えてしまうものです。しかし、プラトニック不倫は誰かにベラベラと話すべき関係ではありません。

    例え、親友だとしても、人に言えない秘密を共有してもらうのは荷が重すぎます。また、他言したことで噂が広まる恐れも充分に考えられます。

    プラトニック不倫するときは他言しないようにしてください。

    決してムードに流されない


    一線を越えるか超えないかの瀬戸際を楽しむプラトニック不倫ですから、気持ちが盛り上がり過ぎてセックスしてしまう危険性もあります。そのため、2人きりで過ごしていても、決してムードに流されない覚悟を持つ必要性があります。

    手は繋いでもキスはしない、できるだけ密着しないなど、お互いにルールを決めると良いでしょう。

    いつ別れてもいいようにしておく


    プラトニック不倫の相手といつ別れてもいいようにしておくことも大切なポイントです。もし何らかの理由で夫婦関係に支障が出た場合、迷わずプラトニック不倫は終わらせるようにしてください。

    そのためにも、あらかじめ相手に急に別れる可能性があることを伝えておきましょう。最初から別れが来ると割り切った関係でいれば、お互いに精神的ダメージが少なく済みます。

    別れが前提のお付き合いをするのが、プラトニック不倫だと認識しておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)