プラトニック不倫とは?普通の不倫との違いやリスク&注意点を解説!

「プラトニック不倫」とは、肉体関係を持たない不倫です。そんなプラトニック不倫に興味があるという人もいるのではないでしょうか。この記事では、プラトニック不倫をする男女別の理由やリスクについて詳しく解説しています。プラトニック不倫に興味がある方は是非、読んでみてください。

  • そもそも「プラトニック不倫」とは?

    不倫は、発覚すると慰謝料の請求だけではなく、婚姻関係の破綻や社会的地位を失うリスクが高い行為です。そのため、既婚者を好きになってしまっても、実際に不倫には踏み切れないと考える人は多いでしょう。

    しかし、最近、不倫に興味がある人の間で話題になってる言葉があります。それが「プラトニック不倫」です。

    あまり聞きなれないプラトニック不倫ですが、いったいどんな不倫の形なのでしょうか。今回はプラトニック不倫について詳しく解説していきます。

    「プラトニック不倫」とは


    プラトニック不倫とは、既婚者がパートナーとは別の人物と、友人以上の精神的な繋がりを持つ関係を意味しています。普通の不倫とは違い、肉体関係を持たないのが大きな特徴です。

    お互い一線を越えることはなく、会話を楽しみ、見つめあうだけで気持ちを通じ合わせます。そのため、恋愛したてのドキドキ感をいつまでも楽しむことが可能です。

    不倫の新しいスタイルと言っても、過言ではないでしょう。

    「プラトニック不倫」と「普通の不倫」の違い


    上記にも書きましたが、「プラトニック不倫」と「普通の不倫」の大きな違いは、肉体関係があるか否かです。普通の不倫の場合、肉体関係を結ぶことが前提となっていますが、プラトニック不倫ではあくまで精神的な繋がりを重視しています。

    そのため、プラトニックな相手とはキスすることもほとんどありません。キスをしてしまうと、それ以上の関係を求めてしまう恐れがあるので、性的な意味合いが含まれる接触は避けるのがマナーです。

    しかし、プラトニック不倫カップルが手を繋ぐことはよくあります。肉体関係は持たないけど、恋人としての楽しい部分を取り入れるのが、プラトニック不倫の関係性なのです。

    プラトニック不倫で夫婦仲が良くなる?


    プラトニック不倫をすることで、メリットを感じる人も少なくありません。プラトニック不倫をするまではワンパターンだった生活が、関係を始めたことでメリハリが生まれたと感じる人もいるようです。

    また、パートナー以外の異性から、一人の女性や男性として見られることで、容姿に磨きがかかり、自分に自信を持つことにも繋がります。自信がつくことで心にも余裕ができ、配偶者に対しても自然と優しくなれたと実感する人もいるようです。

    その結果、プラトニック不倫を始める前よりも夫婦仲が良くなったと感じる人が多いのでしょう。

    プラトニック不倫は離婚の原因になる?


    普通の不倫が離婚の原因になるのは、肉体関係を持った「不貞行為」を犯しているからです。しかし、プラトニック不倫は肉体関係を持たないので、「不貞行為」だけで考えると離婚の原因になるとは言えないでしょう。

    ただし、プラトニック不倫でも、婚姻パートナーを精神的に傷付ける恐れがあることを忘れてはいけません。精神的苦痛を与える行為は、損害賠償請求できる「不法行為」として民法709条に定められています。

    そのため、プラトニック不倫でも、離婚請求あるいは相手の方にも慰謝料請求がされる可能性は充分にあり得るのです。もしプラトニック不倫をするにしても、傷付ける相手がいることを忘れないでください。
  • プラトニック不倫をする理由とは?《男性編》

    プラトニック不倫に走る理由は、人それぞれ異なります。まずは、男性がプラトニック不倫を選んだ理由から見ていきましょう。

    妻との関係があまり良くないから


    「妻との関係があまり良くないのがきっかけで、プラトニックな相手ができました。もう4年続いていますが、体の関係がないので妻に対して悪いという気持ちはあまりありません」(37歳/男性/営業)

    この男性のように、妻との関係が上手くいっていないことが、プラトニック不倫を始めるきっかけになったという男性は多くいます。安らぐべき家庭に居場所を感じにくくなると、他の女性に癒しを求めてしまいたくなるのでしょう。

    また、プラトニック不倫は体の関係を持たないため、配偶者に対して罪悪感を抱きにくい傾向があります。悪いことをしているという自覚があまりないため、一度ハマってしまうと、プラトニックな関係は長引くことが多いでしょう。

    仕事が上手くいってないから


    「仕事が上手くいってない時期があり、その時に話を聞いてくれた同僚とプラトニックな関係になりました。妻には弱ったところを見せられないけど、彼女には見せられるので気持ちが楽になります」(32歳/男性/公務員)

    プラトニック不倫のきっかけは、家庭問題だけとは限りません。仕事が上手くいっていないストレスから、不倫になるケースも充分に考えられます。

    特に、この男性のように弱った姿を妻には見せたくないと考える男性は少なくありません。そのため、仕事の話をできる同僚女性に惹かれてしまうというのは、実はよくある話なのです。

    好きになってしまったから


    「結婚している身なのに、恋に落ちてしまいました。彼女が大好きなので、手を繋ぎあう関係だけでも幸せを感じています」(28歳/男性/医師)

    既婚者だから恋に落ちないとは限りません。この男性のように、結婚した後に運命を感じる女性に巡り合うこともあります。

    ただし、いくら運命的でも、既婚者であれば気持ちを抑えるのが常識です。ですが、プラトニック不倫は普通の不倫関係とは違うため、罪悪感を覚えにくくハードルが低くなるのでしょう。

    そのため、気持ちを抑えることができず、プラトニックな関係を築いていってしまうのです。

    不倫じゃないから


    「妻以外と恋愛したいと思っていました。手は繋ぐけど、一線を越えないから不倫ではないだろうし、純粋に恋愛を楽しめるので今の関係に満足しています」(33歳/男性/販売)

    残念ですが、この男性のように妻以外と恋愛したいと考える男性は、少なからずいます。恋愛はしたい、けれど不倫は訴えられるから避けたい、というのが本音でしょう。

    確かに、プラトニック不倫は性的な接触は持たないため、訴えられる可能性が低いのは事実です。しかし、セックスしていなくても、世間では紛れもない「不倫」と判断される関係でもあります。

    プラトニックとはいえ不倫は不倫だという認識を忘れないようにしてくださいね。