「不倫からの結婚」幸せになれる可能性は?そのリスクと実体験を調査

  • 本気で不倫からの結婚を目指すなら

    不倫から結婚することは、不可能ではないことをお伝えしてきました。次は、具体的にどのようなことを大切にすれば良いのかを見て行きましょう。

    相手の離婚までは絶対に不倫を隠し通す


    「知らない方が良いこともある」という言い方をすることがありますよね。不倫は「された側」の立場から見ると、この上ない屈辱です。精神的に追い詰められてしまうケースもあるでしょう。すると離婚の話合いは長期化し、金銭的なことはもちろん、精神的にもお互いに辛い状況となります。

    離婚する過程で「しこり」が出来てしまうと、新しい結婚にもケチがついてしまいます。周りからの視線も冷たく、幸せを感じるにも時間がかかってしまうでしょう。不倫中、誰かに知って欲しいと考えても、2人の未来の為に隠し通したほうがいいでしょう。

    離婚に向けたプロセスを現実的に考える


    多くの不倫カップルに足りないのが、現実的な離婚の計画です。ベッドトークで「いつか結婚しよう」といくら言っても、そこに現実はありません。口約束ではなく、家族にどう伝えるのか、手続きをどうするかなど、離婚に向けたプロセスを具体的に練ることが必要なのです。

    相手の状況を客観的に捉える


    相手にすでに家庭がある場合、またはお互いの家族の状況によっては、離婚や再婚の時期を見極めることが必要となるでしょう。夫婦関係よりも子どもの生活環境を整えることを優先して、仮面夫婦を続けているような例もあります。あなたの恋人が既婚者である場合は、まずは相手の状況を客観的に捉えましょう。

    またあなたが既婚者で相手が未婚の場合でも、家族や仕事の状況は大切です。常に状況を把握し、相手の気持ちを尊重しなければ略奪愛は成功しないでしょう。

    配偶者への誠意ある態度


    新しい恋人が出来たからと言って、配偶者や今ある家族をないがしろにしてはいけません。どんな結果を選ぶとしても、誠意のある行動は大切です。中途半端に放り出してしまうと、誰からの信用を得ることも出来ません。

    離婚と再婚は別の問題です。離婚する相手にも誠意を尽くしましょう。

    結婚後の人間関係にも配慮する


    不倫から結婚にこぎつけたからといって、それで全て終わりではありません。関わる人に認めてもらえるような行動をとらなければならないのです。恋の始まりが不倫であってもそうでなくも、常に人間関係には配慮しておく必要があります。

    過剰な後悔をせず、手に入れた幸せを守る努力は必要です。特に気を付けてみてください。
  • 結婚は厳しい…不倫を終わらせようと思ったら

    残念ですが、不倫カップルの全てが上手くいくわけではありません。不倫を終わらせる決意も時には必要となります。どんなことを見極めるべきなのか見ていきましょう。

    相手と結婚できる可能性を冷静に考えなおす


    一時の恋愛感情に流されて、具体的に将来について考えることを放棄していませんか?恋人との結婚を願うのは、当然の権利です。しかし、現実的に考えて結婚できる可能性はどの程度あるでしょうか?

    相手の態度や発言に、ヒントはたくさん隠れているのです。相手の行動力はもちろん、あなた自身の覚悟も必要不可欠です。時には冷静に、将来の可能性をジャッジすることが必要となるでしょう。

    相手の不倫理由を見つめなおす


    そもそも、あなたの恋人はなぜ不倫をしているのでしょうか?もともと浮気体質であれば、あなたと不倫から結ばれたとしても、いつかまた浮気されてしまうかも。しかし、もとの結婚生活に不満がある場合など、あなたとであれば問題が起こらないのなら、そのような心配は不要でしょう。

    相手に離婚する気があるのか確認する


    相手が不倫関係を心地よく感じ、その生活を変える気がないのであれば、別れを検討すべきでしょう。もしあなたが「いまはまだ不倫のままで良い」と感じていたとしても、不倫関係が続けば続くほど、時間の経過とともにバレる可能性が高くなっていくのです。

    不倫から結婚をしたいのであれば、相手が離婚する気があるのかを知っておくと良いでしょう。

    都合の良い人間になっていないか見極める


    悲しいことですが、自分が都合の良い人間になっていないかどうかを疑う強さも必要となります。相手が結婚を人生の基盤として維持しながら、不倫を生活の中のちょっとしたスパイスのように感じている場合、あなたは都合の良い人間になっている可能性があります。相手は結婚生活を保つために不倫をしている可能性すらあるのですね。

    そのような場合は、甘い言葉を囁かれても、相手が真剣交際をしているとは言い難い状況と言えます。あなただけがダメージをこうむるような関係性は、どこかで区切りをつけるべきでしょう。

    お互いに行動に移せるタイプか分析する


    男性女性ともに行動力が伴わなければ、不倫から結婚に繋げることは出来ません。1人の力や情熱では略奪愛は達成されないのです。相手と自分に目標を達成する力があるかどうかを分析、判断することが必要となります。