「不倫からの結婚」幸せになれる可能性は?そのリスクと実体験を調査

  • 「不倫からの結婚」結婚までの障壁

    不倫から結婚することも夢ではないことは伝わりましたよね。では、不倫から結婚するまでの障壁を具体的に見ていきましょう。どんな苦難があるのかを知っておけば、怖がるだけではなく準備をしておくことも可能です。

    そもそも結婚を考えていないかも


    不倫男性との交際で女性側がまず一番に確認したいことといえば、「男性側が自分との結婚を考えているかどうか」ではないでしょうか。幸せな時間を共に過ごしていても結婚に至るカップルが少ないのは、そもそも男性が結婚を考えていないことが多いからなのです。

    既婚男性が不倫をする時、多くが家庭に不満を持っていることは確かでしょう。しかし、家庭を捨てようと決意する男性は少ないのではないでしょうか。不倫をすることで男性の心に余裕が出来て、かえって離婚の可能性が低くなってしまうこともあるようです。

    奥さんから訴えられるリスク


    不倫をしている男女が最も恐れるのが「奥さんから訴えられること」です。特に日本では、結婚すると男性が家計を支えるのがまだまだ一般的ですよね。その為、既に婚姻関係が破綻しているような場合でも、妻が離婚を渋ることがあるのです。

    「離婚はしてもいいけれど、お金は取れるだけ欲しい」というのは、綺麗ごとなど構っていられない女性の本音とも言えるでしょう。そのため、愛は冷めていても慰謝料や生活費の援助がほしくて、夫とその不倫相手を訴える既婚女性は多いようです。

    家族からの反対


    本人同士は仲が悪くても周りには仲が良いふりをしている「仮面夫婦」はたくさんいます。仮面夫婦は周りに仲が悪いと思わせていないので、不倫男性が離婚に踏み切るのはますます難しくなるでしょう。もし周囲に相談したとしても、不倫から結婚をしたいと言ったら「あんな素敵な奥さんと別れて、不倫相手と結婚するなんて」と信用を失ってしまう危険性があります。

    不倫や略奪愛は一般的には「してはいけないこと」なので、家族に反対されるパターンはとても多いのですね。

    祝福してくれた友人からの評価


    結婚はお互いの合意だけでできるものではありません。結婚式でたくさんの人達に祝福され、お金をかけてお披露目することで、結婚に対しての責任感が生まれるということもあるでしょう。祝福してくれた友人たちに、「離婚して新しい彼女と不倫から結婚したいんだ」と伝えることを想像できるでしょうか。

    妻の関係が実際はどうだったかに関係なく、不倫から結婚という流れだけで、男性はちゃらんぽらんな印象を持たれてしまいます。そのため男性は、特に大切な友人には発表しにくいのですね。

    財産分与など金銭面の問題


    訴えられることなく離婚にこぎつけたとしても、大変なのが金銭面の問題です。貯金の分配はもちろん、所有している車や家をどうするかなど、離婚を決めてからも話し合うことは終わらず、むしろたくさんの相談をしなければなりません。

    多くの場合、男性の方が働いて得る金額が多いですが、これを妻に分配するのを嫌がる男性もいるようです。お互いに不平不満の出ない状況で次のステップへ進むために、辛くても話し合うことは必要となるでしょう。

    子どもの親権と事務作業


    夫婦に子供がいる場合、離婚の可能性はグッと少なくなります。まず、不貞行為を働いたのが母親でない場合は、母親が親権をもつのが一般的とされています。しかし、ほとんどの父親は子どもと面会したいと思うでしょう。面会の回数を打ち合わせたり、また離婚に伴ってたくさんの事務作業をしなければならなかったりするのは、憂鬱なものです。

    そうまでしていま離婚したいのはなぜなのかと、疑問に思われてしまうケースもあります。子供が大きくなるまで離婚しない夫婦もいるのです。人生はそれぞれのものですが、リスクを承知で真摯に向き合うことをおすすめします。
  • 不倫から結婚できるカップルの特徴とは?

    不倫は「悪いもの」とされていますが、気持ちの上では良いか悪いかはケースバイケースであることも否定できません。ここでは、不倫から結婚できるカップルの特徴を見ていきましょう。

    相手の結婚生活がすでに破綻している


    不倫から結婚したカップルの特徴として最も多いのが、相手の結婚生活がすでに破綻していることです。このケースでは、離婚の原因は不倫ではなくむしろ家庭にあるため、離婚の話し合いもスムーズに出来ることが多いのです。また結婚生活で辛い思いをしている様子を周りが知っていた場合、新しい彼女の存在は彼の周りにも受け入れてもらいやすくなります。

    お互いを信用している


    不倫から結婚に繋げるためには、相手を信用することは必須と言えるでしょう。不倫というと妖艶なイメージがありますが、既婚男性とお付き合いしている女性は、ただでさえ不安定な状態に辛さを感じていますよね。離婚してくれないのではないか?と涙を流すこともあるでしょう。

    そんな不安ばかりで彼を信用できないようであれば、不倫から結婚するまでもなく破綻してしまいます。もちろん、逆に男性が「不倫相手の彼女に飽きられてしまう」と焦るパターンもあります。お互いを信用して、何があっても責めないよう心がけると幸せに繋がるかもしれません。

    金銭面について冷静に対処できる


    結婚や離婚とは切り離せないのが、金銭面での問題です。この問題から目を背けないことこそ、略奪愛を成功させる鍵とも言えます。彼女が金銭面について不安を感じていると、その不安から彼も「このまま離婚していいのか?」と不安になるのですね。また「お金が欲しいから自分と結婚したいのでは?」と疑念が浮かんでしまうことも…。

    女性側が金銭面に余裕を持っていれば、具体的にお金がかかることになっても冷静な対応が出来、彼も安心して行動を起こすことが出来るでしょう。

    お互いの状況が良くなるまで待つことが出来る


    子供が成人してから、または仕事や家族の状況が落ち着いてからなど、不倫から再婚をする場合はベストなタイミングを見極める必要があります。

    不倫カップルの片方だけが良ければいいというものではありません。相手の状況を理解し、ベストなタイミングを待つことが出来てこそ、幸せに繋がると考えましょう。

    離婚後の関係について理解が出来る


    不倫から結婚するということは、相手や自分に他に家族がいたことを意味します。つまり、離婚が成立したとしても家族との関わりは消えないということです。過去は過去としても、子供や親戚との関係は終わることがないからです。

    もしあなたが既婚男性と不倫から結婚したいと思っているのであれば、離婚後も相手の家族への対応を温かく見守ってあげられると良いでしょう。