痛い女の特徴はコレ!当てはまったら要注意の「痛すぎ女」あるある

  • 痛い女への正しい対処法

    身近に痛い女がいる場合、日頃から対処に困っていると感じている人も多いでしょう。痛い女は無自覚な人が大半で、良かれと思って痛い行動をしている場合もあります。そんな言動に付き合わされてしまえば、大きなストレスに繋がることもあるでしょう。

    そうならないためにも、痛い女への対処法をいくつか知っておきましょう。痛い女に困った時には是非試してみてください。

    話半分で聞き流す


    痛い女の発言にいちいち耳を傾けてしまえば、疲れてしまうのも当然です。痛い女の発言は中身や説得力がないことが多く、聞いていてためになることは、残念ながらほとんどありません。

    そのため、よく痛い女と会話する機会がある人は、半分以上聞き流す癖をつけるのがおすすめ。会話のすべてを聞こうとせず、別のことを考えたり何かをしたりして、相手の会話を半分シャットアウトしていきましょう。

    耳に入る話が半分に減れば、精神的な疲れも半減します。痛い女からは誠意がないと思われるかもしれませんが、次第に「話を聞いてくれない人」という印象を持たれるようになります。そうなると自慢話をする相手として選ばれにくくなり、会話に付き合うことも減ってくるでしょう。

    痛い女には正論をぶつける


    トラブルになる可能性もありますが、痛い女に正論をぶつけるのも対処法の1つです。痛い女は、周りが会話に付き合えば付き合うほど、自分に自信をつけていきます。つまり、痛い女を野放しにしておけば、ますます痛い女としてのレベルは上がっていくのです。

    そんな状況を打破したいならば、いっそのこと痛い女に正論をぶつけてみましょう。不自然な発言や非常識な行動などを指摘すれば、痛い女は自分が置かれている状況にようやく気づくはず。自分の振る舞いについて反省してもらえる可能性が高いと言えます。

    ただし、暴言や相手をわざと傷つける物言いは厳禁です。あくまで冷静に指摘することが大切なため、必要以上に痛い女を追い詰めるのはやめましょう。必要以上に攻撃してしまえば相手が気の毒ですし、次はあなたが空気が読めない痛い女として見られてしまう恐れがあります。

    SNSで痛い女について触れる


    SNSを使っているならば、痛い女についてSNSで触れてみるのも良いでしょう。痛い女にまつわる投稿や記事などを共有することで、フォロワーの中にいる痛い女が注目して、自分の振る舞いを考え直してくれる可能性が高くなります。

    そもそも痛い女の大半は自分が痛いと自覚していません。そのため、遠回しに自分が痛い女か否かを考えさせる機会を作ってあげることが大切です。

    特にプライドが高い痛い女は、周りから指摘されて考えを改める可能性は高くありません。直接指摘したら、最悪の場合トラブルに発展するリスクもあるでしょう。そのため、SNSを通じて自覚させたほうが、効率よく振る舞いを考え直させられると言えるのです。

    痛い女と思ったら距離を置く


    可能であれば、痛い女だと思った瞬間から距離を置くのがベストです。

    そもそも人には相性があるため、この人とは合わないな、一緒にいて疲れるなと感じるならば、無理して近くにいる必要はありません。極力関わらないようにするのが、無駄な争いも悩みも生まない、最適な方法だと言えるでしょう。