痛い女の特徴はコレ!当てはまったら要注意の「痛すぎ女」あるある

  • 痛い女のあるある特徴《行動編》

    続いては、痛い女に見られる行動の数々に注目していきます。痛い女の行動には特徴があり、当てはまる場合は注意が必要です。

    特に行動は癖となっていることが多いため、自分では気づいていない可能性も。自分の普段の振る舞いをよく思い出しながら、痛い女の特徴をチェックしていきましょう。

    「ちょっと変わってる人」を演じたがる


    「ミステリアスな女になりたいのかわからないけど、ちょっと人とは違う自分に酔っている感じがしてついていけない」(29歳/女性/営業職)
    「いちいち『私って変わっているからさー』って言ってくる友人。正直めちゃくちゃ痛いと思ってます」(32歳/女性/会社員)

    痛い女の特徴としてよく挙がるのが、他とは違う自分に酔いしれているかのような振る舞いです。ちょっと変わっている自分に特別感や優越感を持っており、それが魅力だと信じているのです。

    人と違っていることは魅力ではあるものの、あまりにも他人と違う私をアピールし続けるのは痛い女になる原因に。周りから変わっていることを称賛されていたとしても、周囲はは反応に困った挙げ句お世辞を言っているだけの可能性が高いと言えます。

    どんな時でも大声で話す


    「個人的に痛い女ナンバーワンだと思うのが、常に大声で話して存在感をアピールする女性」(28歳/男性/営業職)
    「わざと周りに聞こえる大声でしゃべる人を見ると、痛いなあってしみじみ思う」(29歳/女性/自営業)

    どんな時でも大声で話していると、高確率で周りから嫌がられていると言えます。大声で話す痛い女は、大声で話すことで自分の存在感をアピールしようとしているため、そんな様子を見た周りの人達は痛さを感じないではいられないようです。

    ぶつかった人を睨む


    「すれ違いざまにぶつかった人のことをずっと睨んでいる女性がいて、痛いし怖いって思った」(25歳/女性/公務員)
    「怒っているアピールなのかもしれないけど、ぶつかった人に舌打ちして睨みつけてる女性を見て恥ずかしくなった」(30歳/女性/会社員)

    痛い女の中には、「怒ってるアピール」をする人が多くいます。「私が怒ったら恐ろしいんだぞ」と言わんばかりに、ぶつかってきた人や歯向かってきた人に舌打ちをして睨みます。

    このような女性を見ると、痛いを通りこして恥ずかしいと感じる人も多く、ドン引きする人は少なくありません。

    気取った態度で振る舞う


    「常に気取った態度で振る舞っている職場の先輩だけど、自慢できる要素が何一つなくて痛いお局となっている」(26歳/女性/営業職)
    「セレブ気取りっぽいことしている友人がいるけど、実際生活に余裕ないことを知っているから、痛いし無理あるなって思ってる」(28歳/女性/サービス業)

    気取った態度を常に振りまいている痛い女は、自分は周りから憧れられていて人とは違う何かがある、という優越感を持っています。しかし、周りからはそれが見栄であることは見破られており、精一杯背伸びしている姿に痛さを感じてしまいます。

    ここ数年急増しているのが、このようなセレブ気取りの痛い女です。インスタグラムでは優雅な毎日を更新しているが、実は切羽詰まった生活をしている見栄っ張りな痛い女だった…というケースは珍しくありません。