「冗談が通じない人」その特徴&心理とは?【相手別】対処法も紹介!

「あの人は冗談が通じない」なんてよく言いますよね。みんなで会話している時に空気が読めず場をフリーズさせるなど、「困ったちゃん」な印象を持っている人も多いのでは。そんな「冗談が通じない人」の性格や、上手に付き合っていく方法についてご紹介します。

  • あなたの周りにもいる?冗談が通じない人!

    あなたの身近に、冗談が通じない人はいますか?何でも言葉通り受け止めてしまう姿にイラついてしまったり、あまり生真面目で思わず笑ってしまうこともあるでしょう。そんな「冗談が通じない人」の実態を探っていきます。

    「冗談が通じない人」は意外と多い?


    「冗談が通じない人って困るよね」という話を振ると、大抵の人は「私の身近にもいるよ!」というリアクションを返します。冗談が通じない人というのは、どこのコミュニティーにも1人はいるもの。そう考えると、冗談が通じない人の人口は意外と多いと言えそうです。

    あまり良い印象を持たれないことも


    冗談が通じないと聞くと、何だかお堅いイメージを持ってしまいますよね。みんなが笑っている場面でも1人真顔であったり、こちらが冗談で言ったことを真に受けてしまうために毎回説明が必要だったりするなど、「面倒くさい」「空気が読めない」と言われてしまうことも。

    しかし、本人は悪気なく大真面目だったりするので、「何でみんなそっけないんんだろう」と人知れず悩んでいたりします。