好きな人からLINEがこないのはなぜ?LINEを送らない男性心理&対処法

  • 好きな人にLINEを送る際の注意点

    好きな人からLINEがこない状況を避けるためには、LINEの送り方に注意をしなければいけません。男性はもともとLINEでのやりとりに関心が低い人が多いため、内容の重要度が低ければ返さないだけでなく、返事を強要されれば苦痛を感じてしまいます。

    女性のように雑談を楽しめる男性はほとんどいないと意識しましょう。義務感などのプレッシャーを与えないことも大切です。

    しつこく連絡しない


    好きな人と円満なLINEをするためには、しつこく連絡しないことが第一です。気軽にやりとりができる相手と認識してもらいましょう。

    あまりにも頻繁な連絡や、返事を催促するような追撃は、相手に義務感などマイナスな印象を与え、返事がこない状況を作り出してしまいます。「連絡を取り合いたい」と望む心理は、少なからず自分のエゴであることを認識しましょう。

    自然な会話の流れを大切にしてください。違和感を抱かせないことが、相手にとって丁度良い塩梅となります。

    意味もなくスタンプだけを送らない


    男性にとって最も返事がしづらいLINEは、スタンプのみが送られてくる場合です。スタンプから会話を広げることは難しく、意図の分からないLINEに男性は困惑してしまうことが多いようです。

    スタンプは気持ちを表すのに効果的ですが、あまりに多用すると話の内容が薄れてしまうことにもなりかねません。内容がなくなれば返事の必要性も減り、LINEがこない状況を作り出すでしょう。

    男性にとってはLINEは単なる連絡手段に過ぎない、ということを思い出してください。

    自分連絡をしない


    「今日どんなことがあった」「何をした」などの自分報告も、男性にとっては反応に困るトークのようです。

    女性は同意や共感を求めて会話を持ちかけることが多いですが、男性は答えを求めて会話をするほうが一般的です。そのため、自分報告には返すべき答えが見つからず、返事がこないことになってしまいます。

    自分報告を受けた男性は、読んで完結してしまったり、関心が持てなかったりする場合が多いようです。どうしても自分報告をしたいのであれば、相手にどのような反応を求めているのかまで分かるようにすると良いでしょう。

    重要性の高い内容を送る


    男性からの返事を求めるのであれば、重要性の高いメッセージを送りましょう。仕事に関わる内容や疑問文、安否確認などは返事の重要性が高く、返ってこない状態にはなりにくいです。

    メッセージの内容自体に意味があるため、自然な流れでやりとりをすることができ、相手の負担になることも少ないでしょう。違和感やプレッシャーを与える心配もありません。

    ただし、無理に話題を作ることのないようにしましょう。重要性が高いようでも、あまりに頻繁であれば不自然です。連絡したい心理が見えてしまうと、相手がそれに気づき、逆に連絡がこない状態に陥る可能性があります。

    相手に興味がある話題を提供する


    相手の興味をそそる内容であれば、返事がくる可能性は高いでしょう。誰でも自分の好きなことには、積極的に向き合うことができるからです。

    たとえば相手の趣味や取り組んでいる物事に対する情報など、食い付きそうな内容を送りましょう。この場合には共感を示すことも効果的です。相手の興味を刺激することで、返事がこない事態を回避することができます。