好きな人からLINEがこないのはなぜ?LINEを送らない男性心理&対処法

  • 好きな人からLINEがこない時の対処方法

    好きな人からLINEがこない状況をどんなに頭で整理しようとしても、なかなか気持ちまで落ち着かせることはできませんよね。返事を待つしかないと分かっていても、ついつい気になって連絡を重ねてしまう人も多いでしょう。

    そうでなくとも、数分おきにLINEを確認しては落ち込んで…と繰り返してしまうことがあるのではないでしょうか。こうしたマイナス状態が積み重なり、ネガティブな気持ちが膨らんでいくと、相手との関係性を崩してしまうことにもなりかねません。

    LINEがこない苦しみから解放され、適度な距離感を楽しめるようになりましょう。少しずつ、できることから試してみてください。

    根本的にLINEをする頻度が違うことを認識する


    LINEがこない状態に苦痛を感じたときは、根本的な認識が違うことについて考えてみましょう。はじめに述べたとおり、男性と女性ではコミュニケーションに対する認識がそもそも違います。

    女性には本能的に人間関係を重んじる認識がありますが、多くの男性はそうではありません。むしろ、個人で成果を残そうとする認識の方が本能的に染み付いています。

    つまり、相手に好意があるかどうかにかかわらず、コミュニケーションが乏しくなりがちということです。男性からのLINEがこないからといって、すぐに相手の気持ちを決め付けないようにしましょう。「この状態が普通」と思った方が気持ち的にも楽です。

    返事がくる前に追加で連絡しない


    LINEがこない場合にやりがちな失敗は、「返事が来る前に自分から追加で連絡をしてしまうこと」です。これを「追撃」と呼び、一般的にも良くない行為として認識されています。追撃によって、LINEに対する義務感が生じるからです。

    「返事をしなければならない」という圧迫感が負担となり、返事がこない状況を悪化させてしまうでしょう。また相手側に好意がある場合でも、返せない罪悪感がプレッシャーとなり、次第に義務的で避けたいものへと変わってしまいます。

    あまりに期間が空いてしまったときは、相手を気遣うようなさりげない内容で様子を見るようにしましょう。

    相手の状況を理解する


    なかなかLINEがこない…と不安に感じたときは、相手が今どのような状況にあるのかを考えてみましょう。仕事で忙しかったり、友人との付き合いがあったり、あるいは家族との用事があったりと、やむを得ない事情があるかもしれません。

    仕事が忙しいケースに関しては、普段の様子から推測できることが多いです。体調不良や怒りっぽいような様子があれば、精神的に余裕がなくなっている状態が考えられます。友人や家族との用事については、時季的なイベントなども考慮してみましょう。

    友達や家族など違う人との時間を過ごす


    LINEがこないときには、LINEのことを考えないようにするのが最も効果的です。相手に負担を与えることもなく、あなた自身の苦痛も軽減されます。

    友人や家族など、違う人との時間を過ごすようにしてみましょう。「LINEがこない」と悩む時間が減り、無理なく相手との距離を保つことができます。それによって、相手への執着心が薄れることもあるでしょう。

    また、LINEがこない相手のことを相談するのもオススメです。客観的な意見を聞けば、冷静に気持ちを見直すことができるでしょう。

    趣味や自分磨きに取り組む


    LINEがこないときには、返事を待つ間に自分への投資をするのも有用です。趣味に時間を費やすことで気が紛れ、前向きな気持ちを取り戻すことにも繋がります。LINEがこないことを悩み塞ぎ込むとネガティブになるばかりなので、早い段階で楽しくなれそうなことに取り組みましょう。

    また、自分磨きは恋愛に良い影響をもたらしてくれる可能性も高いです。苦痛を軽減するだけでなく、新たな楽しみを見出せる場合もあります。好きな人からLINEがこないことで失くしてしまった自信を、取り戻しましょう。