好きな人からLINEがこないのはなぜ?LINEを送らない男性心理&対処法

  • LINEを送らない男性心理とは?

    女性にとっては、LINEが関係構築のためのコミュニケーションツールであるのに対し、男性はLINEを単なる連絡手段と認識している場合が多いです。

    また、男性にとっては、コミュニケーションが生きる上での最重要事項でないことも理解しておきましょう。男性にはもともと集団を離れ最前線で戦うという本能があり、集団でいる必要性が低いのです。

    LINEがこないケース1:仕事が忙しい


    「繁忙期には仕事のことでいっぱいいっぱいだし、LINEどころじゃない」(29歳/男性/IT)

    「自分にとっては仕事こそ人生の要であり、最優先事項だ」と考えている男性も多いでしょう。どんなに相手の女性のことを愛していても、仕事に追われていれば仕事のこと以外考えることができないようです。勤務時間外や休日であっても、仕事の問題が頭から離れない状況も珍しくありません。

    男性でも女性でも、仕事が忙しいときは、恋愛に時間と思考を割けない場合が多々あります。意中の男性が多忙な毎日を送っているなら、自分とはLINEに関しての認識が違うということを、理解してあげましょう。

    LINEがこないケース2:遠慮している


    「相手がどう思っているのか分からないし、気軽にLINEするのは難しいかな」(26歳/男性/研究職)

    相手が奥手な男性であれば、LINEを送ることに遠慮しているケースもあるでしょう。LINEを送ることで迷惑にならないか、面倒に思われないかなど、あらゆるマイナスイメージを膨らませてしまい、結局送れずじまい、といった心理状態です。

    LINEの時間帯や内容に注目してみましょう。こちらが忙しい時間帯や深夜早朝に返事がこないのであれば、「いま送るのは非常識かも」と気遣ってくれている可能性が高いです。こちらが送ったトーク内容にあまり中身がない場合も、あなた側の手間や終わり時を気遣って、わざと返してこないということも考えられます。

    LINEがこないケース3:スマホの重要性が低い


    「やりたいことは沢山あるし、いちいちスマホ見てる暇ないです」(22歳/男性/学生)

    男性からLINEがこないケースとして、そもそもスマートフォンが生活必需品になっていない場合が考えられます。普段からスマホを見る頻度が低く、LINEが来ていることにもなかなか気付かないパターンです。

    相手と会う機会があるなら、様子をうかがい、スマホをどれだけ触っているか確認してみましょう。日常的にスマホを持たないようであれば、単に「スマホを見てなかったから」という理由でLINEが返ってこないだけでしょう。

    LINEがこないケース4:用事がない


    「用がなければまず送らないし、必要なさそうなら返事もしない」(24歳/男性/営業職)

    LINEを「単なる連絡手段」に過ぎないと考えているケースです。男性の中にはこうした認識をしている人がが多く、伝えるべき用事以外にLINEをする必要はないと考えています。おしゃべりな男性でもない限り、何気ない日常会話や雑談のためにLINEを使うことはほとんどないと思っておきましょう。

    返事に関しても同様で、返事を要する内容でなければ、相手に返さずに読むだけで完結する場合が多いようです。

    LINEがこないケース5:駆け引きをしている


    「すぐに返事してくる女の子には、あえて遅れて返してみたりしますね」(23歳/男性/教職)

    一般的に恋愛の駆け引きは女性がするものと言われますが、男性の中にも駆け引きをする人は存在します。連絡を返さないことで、女性が自分のことを気にしてくれるように仕向けているのです。

    ただし、このような男性はレアケースと言えるでしょう。男性で恋愛の駆け引きを楽しんでいるとすれば、女性の扱いに慣れているようなプレイボーイの可能性があります。

    LINEがこないケース6:単純に好意がない


    「やりとりを続けたくないので、意図的に終わらせます」(28歳/男性/営業職)

    男性に限った事ではありませんが、「返事のないことが返事」というケースも少なくありません。相手を気遣うメッセージや返事を要する文面にさえ返信をしてもらえないようであれば、希望は薄いと言わざるを得ないでしょう。

    また、返事するまでの間隔が決まって長かったり、内容が一言など雑であったりする場合にも、好意のない可能性があります。