「ドS男子」の特徴と恋愛傾向!付き合うメリット・デメリットとは?

  • ドS男子の恋愛傾向|女性に対する心理とは?

    ここで、ドS男子の恋愛傾向をご紹介していきます。普通の男性と比べて、女性に対する心理に違いはあるのでしょうか。わかりそうでわかりにくい、興味深いテーマに切り込んでいきましょう。

    相手より優位な立場でいたい


    他人と接する時、いつも自分の方が上の立場でありたいと考えているドS男子は、恋愛関係においても、もちろん同じ心理を働かせています。デートの場所や食事するお店など、自分が決めて彼女に従わせたいと考えているのです。

    ドS男子にとっては、自分が主導権を握って彼女をコントロールすることがベストなので、先回りして気の利く振る舞いをする女性には、物足りなさを感じることもあるでしょう。

    距離が縮まるほどドSになる


    女性との距離が縮まれば縮まるほど、ドS男子の特徴は色濃くなっていきます。距離が縮まるということは、好きの度合いも高まるということ。ドS男子は、好きになればなるほど女性をコントロールしたい願望が強くなるのです。

    服装やメイクなどを自分好みに変えたいのはもちろん、行動や言葉遣い、所作などにもチェックを入れるようになるでしょう。

    彼女の行動を常に把握していたい


    彼女と一緒にいないときも、ドS男子は常に彼女の行動を把握していたいと思っています。どこにいるのか、何をしているのかを知りたいので、頻繁に彼女に連絡をするでしょう。電話にしてもメールやLINEにしても、すぐに繋がらないとへそを曲げてしまうことも。

    ここには、自分の存在が彼女にとって一番でありたいという心理が隠れています。ですからドS男子は、彼女が何をしているかわからない状況や、連絡がつかない状況に不安を覚えてしまうのです。

    思うよりも思われたい


    相手を好きになって追いかけるよりも、好きになられて追いかけられる方が立場が上という考えがドS男子にはあります。どんなに相手のことが好きでも、、自分が相手を追いかける展開は相手に弱みを見せるようで納得がいかないのです。

    反対に、追いかけられる立場なら、常に愛されていることを実感できますよね。これもまた、自分が彼女にとって一番でありたいと考える、ドS男子特有の心理といえるでしょう。

    困らせるのが好き


    ドS男子は、ちょっぴり無理な注文を出したりワガママをいったりして、彼女が困った顔をするのを見るのが大好きです。自分の発言で彼女が困った反応を見せると、コントロールできていると実感し嬉しくなってしまうのです。

    彼女の立場からすると少々意地悪だなと感じますが、この行動の裏には「困らせた後のホッとした笑顔が見たい」という心理も隠れています。ですから、相手を困らせるほどのワガママは本当に好きな女性にしかしない、と理解するといいでしょう。

    平凡な恋愛は退屈に…


    恋愛関係は、トラブルなどなく平和に続く方がいい。普通ならそう思うものですよね。ですが、ドS男子はトラブルを好む傾向があります。二人の間が平穏でケンカなどない状態を「つまらない」と感じてしまうのです。

    ドS男子にとって、恋愛はトラブルがあってこそ楽しいものになります。ちょっと意地悪をして彼女を困らせるなどの行為も、平凡な恋愛にスパイスを与えているのでしょう。