胸の重さはどれくらい?カップ別重さの目安&重い胸のお悩み改善方法

女性の胸の重さって、どのくらいなのでしょうか?おっぱいの重さなんて測れないと思うかもしれませんが、実は自宅で簡単に測定できる方法があるんです。今回は、おっぱいの重さや、重さの測り方、グラマーさんの悩みやその解消法についてご案内します。

  • 女性の胸の重さってどのくらい?

    女性の胸が好きな男性って多いですよね。大きくても小さくても「おっぱい自体が最高」という声も多く聞きます。

    そんな女性の胸は、どのくらいの重さがあるものなのでしょうか?体にくっついているので、おっぱいだけの重さなんてわからないと思う人が多いかもしれませんね。

    実は、胸の重さを測る方法があるんです。意外と簡単に、おっぱいの重さを自宅で測ることができますよ。この記事ではその方法を詳しくご案内しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    その他にも、胸のカップごとの重さの目安や、おっぱいが大きい人ならではの悩みなどもご紹介します。さらに、お悩み改善法や、ブラジャーの選び方などもご紹介いたします。これを読めば、あなたもおっぱいに詳しくなれるでしょう!
  • 胸の重さはどうやって測ればいいの?

    胸の重さは、どうやって測ったらよいのでしょうか。体重計におっぱいだけを乗せるわけにはいきませんよね。

    おっぱいだけの重さを測るのは、少し難しいです。しかし、おっぱいの体積を測って、そこから大体のおっぱいの重さを測ることができるのです。自宅で簡単にできる、ボウル2個と水を使った方法をご紹介していきます。

    自宅で胸の重さを測る方法


    まずは、小さいボウル(胸がすっぽり入る大きさ)、大きいボウル(バットなどでも代用可)、水(ぬるま湯)、計量カップを準備します。そして、大きいボウルの上に小さいボウルを置き、小さいボウルいっぱいに水を入れます。これで準備完了です。

    水を注いだボウルに、片方のおっぱいを入れましょう。すると、水が大きいボウルにこぼれます。このこぼれた分の水が、おっぱいの体積です。

    大きいボウルにこぼれた水を、計量カップで測ってみましょう。水は100mlでちょうど100gなので、大体のおっぱいの重さがわかります。500mlの水が大きいボウルにこぼれた場合、おっぱいの重さは、誤差を考慮に入れて約500gということになります。

    カップによって大体の重さがわかる!


    胸を見ると、カップの大きさが予想できるという人もいますよね。実は、カップサイズによって、大体の胸の重さもわかるんです。この記事を読めば、胸を見ただけでおっぱいの重さを予想できるようになれるかもしれません。

    ただ、胸のカップは、トップバストとアンダーバストの差を計算して決められます。そのため、同じカップでもアンダーバストが大きめなら重くなりますし、アンダーバストが小さめなら軽くなります。

    これから紹介する重さはあくまでも平均値なので、正確に重さを知りたい方は、先ほどご案内した方法で測定してみてください。

    参考までに、次の章ではカップごとの重さの目安をご紹介していきます。