きれいなおばさんと痛いおばさんの違いとは?綺麗の秘訣をレクチャー

歳を重ねることで「きれいなおばさん」と呼ばれる女性もいれば「痛いおばさん」と呼ばれる女性もいます。両者は、何が違うのでしょうか。この記事では、きれいなおばさんの特徴や、痛いおばさんにありがちな行動、きれいなおばさんになる秘訣などに迫ります。きれいなおばさんを目指す人はチェックしてください。

  • どうせなら「きれいなおばさん」でありたい…

    歳を重ねるのことは自然な現象であり、止めることは誰にもできません。アラフォー世代にもなると、若い頃には気にならなかったシワやシミ、ほうれい線などが気になりだします。体型にもハリがなくなり、若々しさは段々消えていってしまうでしょう。それが現実ですが、やはりいつまでも綺麗でいたいのが女心でもあります。

    どうせおばさんになるなら「きれいなおばさん」でありたいと願うのは普通のことですね。ただただ老けていくアラフォーと、美しく年を重ねるアラフォーの違いは、一体何なのでしょうか。美しく年を重ねたいと思っている女性は、どのようなことを意識するべきなのか考えていきましょう。

    きれいなおばさんに憧れる女性は多い


    「老ける」と聞くと、どうしてもネガティブなイメージが先行してしまいますが、歳を重ねること自体は悪いことではありません。「歳の重ね方」が重要だと言えるでしょう。だらしない20代より美しく年を重ねた40代の女性の方が魅力的に映ることは珍しくないのです。

    美しく、人生経験が豊富な40代の女性は「若さ」以上の魅力を備えているのですね。同性である女性からも憧れられるような素敵なおばさんを目指したい女性は、どのようなことを意識していけば良いのでしょうか。

    「きれいor痛い」は外見と行動に表れる?


    顔が生まれつき美しいだけでは、「きれいなおばさん」とは言われません。きれいなおばさんか、痛いおばさんかを判断する際、ファッションやメイクのような見た目だけでなく、立ち振る舞いや考え方なども影響するでしょう。

    きれいなおばさんになりたいなら、外見だけに気を使うのではなく、行動や立ち振る舞いも意識することが大切なのです。