きれいなおばさんと痛いおばさんの違いとは?綺麗の秘訣をレクチャー

歳を重ねることで「きれいなおばさん」と呼ばれる女性もいれば「痛いおばさん」と呼ばれる女性もいます。両者は、何が違うのでしょうか。この記事では、きれいなおばさんの特徴や、痛いおばさんにありがちな行動、きれいなおばさんになる秘訣などに迫ります。きれいなおばさんを目指す人はチェックしてください。

  • どうせなら「きれいなおばさん」でありたい…

    歳を重ねるのことは自然な現象であり、止めることは誰にもできません。アラフォー世代にもなると、若い頃には気にならなかったシワやシミ、ほうれい線などが気になりだします。体型にもハリがなくなり、若々しさは段々消えていってしまうでしょう。それが現実ですが、やはりいつまでも綺麗でいたいのが女心でもあります。

    どうせおばさんになるなら「きれいなおばさん」でありたいと願うのは普通のことですね。ただただ老けていくアラフォーと、美しく年を重ねるアラフォーの違いは、一体何なのでしょうか。美しく年を重ねたいと思っている女性は、どのようなことを意識するべきなのか考えていきましょう。

    きれいなおばさんに憧れる女性は多い


    「老ける」と聞くと、どうしてもネガティブなイメージが先行してしまいますが、歳を重ねること自体は悪いことではありません。「歳の重ね方」が重要だと言えるでしょう。だらしない20代より美しく年を重ねた40代の女性の方が魅力的に映ることは珍しくないのです。

    美しく、人生経験が豊富な40代の女性は「若さ」以上の魅力を備えているのですね。同性である女性からも憧れられるような素敵なおばさんを目指したい女性は、どのようなことを意識していけば良いのでしょうか。

    「きれいor痛い」は外見と行動に表れる?


    顔が生まれつき美しいだけでは、「きれいなおばさん」とは言われません。きれいなおばさんか、痛いおばさんかを判断する際、ファッションやメイクのような見た目だけでなく、立ち振る舞いや考え方なども影響するでしょう。

    きれいなおばさんになりたいなら、外見だけに気を使うのではなく、行動や立ち振る舞いも意識することが大切なのです。
  • 「きれいなおばさん」の特徴とは?

    きれいなおばさんには、痛いおばさんにはない特徴があるものです。きれいなおばさんと痛いおばさんを分けるのは何なのか、チェックしていきましょう。

    大人の余裕がある


    若い頃は小さなことを気にしたり、人の目を気にしたりするものです。自分に自信がないがゆえに、人からの評価を気にしたり相手にかみついたりするのでしょう。しかし、アラフォーくらいの年代になってくると、人生経験を積んでいることもあり、客観的に物事を判断することができるようになってきます。

    小さなことで振り回されることもなく、自分に自信を持って生きているのですね。余裕があって自信もあるところが素敵で「きれいなおばさん」だと思われるのでしょう。

    自分を確立させている


    「こんな一重の目じゃなくて大きな二重が良かった」と思ったり、「背が小さいせいでカッコいい服が似合わない」と思ったりしたことはありませんか。40代になれば、女性の多くは自分の顔立ちや体型を受け入れているものです。

    「自分の顔にはこのメイクが合う」「自分の体型にはこの服は合わない」「自分の性格ならこのような人が合う」など、ありのままの自分でこう生きようというイメージが確立しているのですね。自分のことを分かっている人は、どうすれば自分を良く見せられるかを分かっています。きれいなおばさんになりたいなら、まず自分を確立させなくてはなりません。

    年齢を活かした装いをしている


    20代の頃に着ていた洋服は、40代でも似合うとは限りません。20代の若い世代が着る服をいまだに着ているようでは「痛いおばさん」だと思われてしまう危険があります。「自分が好む服」と「自分に似合う服」は違う、ということを分かっておきたいですね。きれいなおばさんは「40代の今だからこそ似合う服」を上手に選んでいるのです。

    年齢相応の装いや立ち振る舞いが、大人の女性としての魅力を引き出してくれるのでしょう。

    素直さがある


    酸いも甘いも噛み分けた40代だからと言って、偉そうにしたり傲慢な態度を取っているようでは、痛いおばさんと言われても文句は言えません。逆に、年下の話を真剣に聞いたり、素直に思いっきりはしゃいだりする40代の女性を見て、嫌な気持ちになる人はいないでしょう。一緒にいる時間を楽しんでくれるアラフォー女性は、とても可愛らしく好印象ですね。

    アラフォーの良さを出している


    へそ出しやミニスカートは10代20代の特権でもありますが、落ち着いたシンプルな服装なら、アラフォー女性の方が美しく着こなせるでしょう。また、知的な魅力を出せる点も、40代女性ならではのメリットです。

    きれいなおばさんは、アラフォーであることを引け目に感じるのではなく、アラフォー世代ならではの良さを出していることがほとんどです。今の世代だからこそできることに挑戦しましょう。

    他人に対して思いやりがある


    10代20代の時は、周囲の人間が同世代か上の世代ばかりであったはずですが、アラフォー世代にもなると、同世代以外に上の世代、下の世代が存在するものです。きれいなおばさんは、下の世代だからといって偉そうにしたりすることはありませんが、痛いおばさんは、勘違いして的外れなアドバイスをしたりすることもあるでしょう。

    上の世代にも下の世代にも平等に思いやりを持って接することができる女性は、誰から見ても素敵できれいなおばさんなのですね。