夫を「気持ち悪い」と感じる原因とは?キモい旦那への対処法を解説!

  • 夫を「気持ち悪い」と感じた経験は?【女性の本音】

    夫を気持ち悪いと感じてしまう瞬間を見てきましたが、実際に夫に対して気持ち悪いという感情を持ったことがある女性の経験談を見ていきましょう。自分の今の気持ちに近いのはどれなのか、確認してみてください。

    頻繁に「気持ち悪い」と感じる


    「一度キモいと思ったら、もう夫が何をしても何を言っても気持ち悪い」(29歳/女性/カフェ店員)
    「頼りないし、子どもと同等にしか扱っていない」(26歳/女性/専業主婦)

    好きな相手だと許せる言動でも、嫌いな相手がすると許せないと思ってしまう経験はありませんか。好きで一緒になった夫でも、一度「気持ち悪い」「大嫌い」と思ってしまうと大変です。この気持ちになるまでに何とかしないと、取り返しのつかないことになってしまうでしょう。

    気持ち悪いと感じたことはない


    「多少のケンカはあるものの、幸い今のところ気持ち悪いとまで思ったことはない」(27歳/女性/美容師)
    「夫は家事育児に協力的だし、姑との間にもうまく入ってくれるので、気持ち悪いと思うことはない」(32歳/女性/事務員)

    問題が起こった時に、夫が積極的に対処しようと努めれば、やはり妻に不満を抱かれることはないようです。小さな問題でも、その都度夫婦で話し合い、解決していくようにしなければならないのでしょう。

    産後はイライラして気持ち悪いと思った


    「産後に姑が頻繁に会いに来ようとするのを阻止してくれなかった。こんな頼りない旦那と思わなかった」(34歳/女性/webライター)
    「産後しばらくは、何を言われても何をされても気持ち悪いと感じてしまい当っていた」(29歳/女性/公務員)

    「産後クライシス」というものがあり、出産をきっかけに夫婦仲が悪化することを言います。産後の女性は肉体的にも精神的にもダメージを受けています。その時に夫の何気ない一言や何気ない行動で傷つくことがあり、さらに姑とのいさかいで間に入ってくれないなどの頼りない対応をされてしまうと、夫への気持ちが一気に冷めてしまうのでしょう。

    少し前は気持ち悪いと思っていたが、今は何も思わない


    「子どもが小さい頃は、何かにつけて夫にイライラして気持ち悪いと思ったものだが、今はどちらでもない」(48歳/女性/看護師)
    「旦那が気持ち悪くて仕方ない時期に、これではいけないと思い、徹底的に話し合ってからは落ち着いている」(43歳/女性/人事部)

    ある時期に夫を気持ち悪いと思って、そのまま一生「気持ち悪い」と思って生きていく人もいれば、改善される人もいるのです。気持ち悪いと思う気持ちを放置しているようではいけません。縁あって結婚したのですから、できる努力はしてみましょう。