夫を「気持ち悪い」と感じる原因とは?キモい旦那への対処法を解説!

  • 夫を「気持ち悪い」と感じる瞬間【性格編】

    夫を気持ち悪いと感じてしまう瞬間を「見た目」に焦点をあてて紹介してきましたが、今度は見た目だけでは分からない「性格」の面を見ていきましょう。自分の夫はどうなのか、比較してみてください。

    浮気をしているのが分かった時


    妻への最大の裏切り行為とも言えるのが「浮気」です。浮気するくらいなら、なぜ結婚したのだろうと思ってしまいますね。たしかに、結婚後に本気で妻以外の女性に恋愛感情を抱くこともあり得なくはないでしょう。しかし、本気でもないのに浮気を繰り返すのは、明らかに妻に対する侮辱であると言っても過言ではありません。

    浮気が発覚すると、夫に対する尊敬の念が一気になくなり、「気持ち悪い」「嫌いだけど子供のためだけに一緒にいる」という状態になっても仕方がないと言えるでしょう。

    相手を見て態度を変える時


    今までの人生において、相手を見て態度を変える卑怯な人をたくさん見てきたはずです。もし自分の夫がそうだったら、どう感じるでしょうか。職場の後輩に横柄な態度を取る、店員に文句を言うなど、明らかに立場上、相手の方が自分より下だと思える時だけ威張っていたなら、あなたは旦那に尊敬の念を抱きますか。

    相手を見て態度を変えるのは卑怯であり、また弱い人間のすることです。これでは尊敬の念は無くなり「大嫌い」「キモい」という気持ちになってしまうのは無理もありませんね。

    マザコン気質が判明した時


    多くの妻が悩まされている「嫁姑問題」ですが、この問題で重要なのは、実は姑や嫁ではありません。間に入る旦那こそが重要なのです。姑に嫌みに言われたり余計な口出しをされることが苦痛だと旦那に訴えたときに、「良かれと思って言ってるんだよ」「悪気はないんだから大目に見てやってよ」などと適当なことを言われたらどうでしょうか。イライラしませんか。

    それどころか「母は自分たちのために言っている。なぜ悪いように取るのか!」と姑の肩を持つような態度を取られたら、どう思いますか。「妻より母を取るんだな…」とガッカリしてしまうでしょう。嫁と姑の仲を取り持つこともできない頼りない旦那であれば、一瞬で恋心は冷めてしまい、それどころか軽蔑してしまうことも考えられるでしょう。

    行動が下品だと思った時


    服装がダサいくらいならまだ許せても、行動そのものが下品だと軽蔑してしまうという妻は多いです。平気でおならをする、人前でゲップをする、言葉遣いが下品、くちゃくちゃ音を立てて食べる…。こんな夫と一緒にいると恥ずかしいと思ってしまうでしょう。

    一緒にいるだけで苦痛に感じるようになると、だんだん「大嫌い」「キモい」という気持ちが膨れ上がってしまうのです。

    態度が子供じみていると感じた時


    少し指摘しただけで拗ねたり、反抗したりする人を見て尊敬できるでしょうか。これが子どもであれば仕方がないと思えるのでしょうが、相手が自分の夫であるとイライラしてしまいます。

    「無駄づかいしすぎ!」「休日は遊びにばかり行かないで!」と指摘しても、拗ねて口をきかなくなったり、反抗して遊びに行ってしまう子どもじみた夫もいます。こうなると、夫ではなく「大きな子ども」がいるのと変わりないので、夫婦としての関係は築けないでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)