付き合って3ヶ月目のカップル必見!交際を長続きさせるコツを紹介!

大好きな人と付き合って3ヶ月目は、それまで順調だったのに、急に喧嘩が増えたり、考え方の違いが目立ってきてしまう時期でもあります。付き合って3ヶ月のどのカップルに訪れる「最初の別れの危機」と言えるでしょう。では、どうしたらその危機をやり過ごすことができるのでしょうか?

  • 「付き合って3ヶ月」はカップルの試練?

    「付き合って3ヶ月目は別れやすい」などと言われますが、なぜ3ヶ月目はカップルにとって危険な時期なのでしょうか? 
     
    付き合って3ヶ月目で訪れることの多い、試練や危機をご紹介していきます。好きな人とずっと長く一緒に居るためにも、よくあるトラブルを把握して乗り越えていきましょう!

    付き合って3ヶ月目は男女の気持ちに温度差が出る


    男女の気持ちに温度差が出ることで、すれ違いのような状態に陥りやすいのが、付き合って3ヶ月目です。これは、交際をスタートするまでとスタートしてからの「好き」の変わり方に、男性と女性とで違いがあるからかもしれません。
     
    男性は、付き合うまでの間に「好き」という感情が一気に高まる傾向にあります。そして、付き合った瞬間から、徐々にその気持ちが落ち着き始めていくのです。
     
    一方の女性は、付き合うまでの期間に少しずつ「好き」に気付き始める傾向にあります。そして、交際がスタートしてからその気持ちがどんどん大きくなっていくのです。
     
    同じ「好き」から始まった交際でも、そこからの気持ちの変わり方が違うために、徐々に二人の間に温度差が見られるようになっていきます。

    お互いの欠点に目がいくようになる


    交際したてのカップルは、相手のことを無条件に近い状態で好きでいられるものです。嫌なことや不満に思うことがあっても、「それくらいなんでもない」と受け流すことができてしまうほど、「好き」という気持ちが大きいからでしょう。
     
    しかし付き合って3ヶ月が経つと、自分たちは両想いであると確信が持てるようになり、安心感が出てきます。相手は自分を好きだ、受け入れてくれているとわかって、心に余裕が出てくるのです。
     
    すると、「こういうところが嫌だな…」という相手の欠点が見えてくるようになります。そして、以前のように受け流せなくなってくるのです。
     
    「恋は盲目」と言われるように、初めは相手のすべてを受け入れることができます。しかし、その気持ちが落ち着いてきた3ヶ月頃、徐々に悪いところが見えてきてしまうのです。

    自分を演じていられるのは付き合って3ヶ月目まで


    好きな相手に、自分のことも同じように好きになってもらいたいと思うのは当然ですよね。相手に良く思われたくて、ついつい背伸びしてしまう人もいます。それが恋というものであり、お互いに好みの相手になるためには、ある程度必要不可欠なことなのでしょう。
     
    しかし、本来の自分とはまったく違う自分を演じて見せていた場合はどうでしょうか。本当は人のことをついつい疑ってしまう性格なのに、「ぜんぜん気にしないよ」と強がって見せていたとしたら、自分の中でストレスや不安が溜まっていきますよね。
     
    本来の自分とは違う自分を演じることに疲れてくる時期も、付き合って3ヶ月頃と言えます。