はっきり別れを言わない彼…その理由&本音とは?対処法も紹介!

  • 「はっきり別れを言わない」彼氏への注意点!

    はっきり別れを言わない彼氏と関わるときには、注意すべき点があります。いい別れ方をするためにも、注意点を意識して行動するようにしましょう。では、はっきり別れを言わない彼氏への注意点を4つご紹介します。

    自然消滅を許すのはNG


    別れを言わない男性の中には、自然消滅を狙っている人がいます。相手の狙い通りに自然消滅を許してしまうことは、お互いのためになりません。真面目に付き合ってきたからには、どんな理由で別れたいのかを相手に伝えるのが誠意ある対応ですよね。

    それを男性に気付かせるためにも、自然消滅という別れ方は避けるべきでしょう。さらに、自然消滅だといつフリーになったのかがはっきりせず、次の恋愛に進めなくなることもあるので注意が必要です。

    彼氏がはっきり別れを言わないからといってそのままにせず、はっきりするよう促すことがお互いのために最善なのかもしれませんね。

    都合のいい女になるのは避ける


    男性の中には、別れをはっきり言わずにズルズルと関係を続け、「都合のいい女」として彼女をキープするような人もいます。まさか自分の彼氏がそんな人だとは思いたくないかもしれませんが、実際に別れを言わない男性の都合のいい女になってしまう女性は大勢いるようです。

    それを避けるためには、やはりきっぱりと別れる必要があります。彼氏の気持ちが冷めてしまったことに気が付いたら、潔く諦めるのも大事なことです。都合のいい女になっても、その後相手に彼女ができたら、あっさり捨てられる場合がほとんどです。

    そのため、別れを言わない彼氏がズルズルと関係を続けようとしていることに気付いたら、突き放すのが身のためなのではないでしょうか。

    期待を持たない


    こちらは彼氏のことがまだ好きなのに、相手の気持ちが冷めてしまった場合、なんとかしてつなぎ止めたいと考える女性が少なくありません。そんな女性は、彼氏が別れを言わないことで期待を持ってしまうことも。

    「別れを言わないのだから、まだ気持ちが残っているはずだ」と思う女性もいるようですが、明らかに彼氏の気持ちが冷めていることを感じたら、期待を持つべきではありません。期待したところで先がないことは、本人が一番理解しているはずです。

    たとえ彼氏と別れたくないと思っても、別れをはっきり言わない男性に期待してもいいことはないので、無駄な期待は持たないよう注意しましょう。

    引きずらない


    彼氏から別れを言われないまま関係が終わってしまうと、気持ちを引きずってしまう女性が多くみられます。嫌いになったわけでもないのに気付いたら別れていたという場合、気持ちの整理がつかないのは無理もありません。

    しかし、いつまでも引きずっていては、先に進むことはできませんよね。たとえ別れを言われずに関係が終わってしまっても、気持ちはきっぱりと切り替えることが大事です。そうすることで、早く立ち直って次の恋愛に進むことができます。

    別れを言わない彼氏が相手だと引きずってしまいがちですが、自分のために気持ちを上手に切り替えるよう心がけましょう。