デート後のLINEはどう送る?お礼LINEの注意点や脈アリサインを解説!

  • デート後にお礼LINEを送る際の注意点

    デート後に貰って嬉しいメッセージは、何となく理解出来ましたよね。自分が送る際にも、相手が喜ぶ言葉を積極的に使ってみよう!という気になった人もいるでしょう。

    しかし逆に、デート後のLINEでは注意すべき点もあります。お礼をするつもりが逆効果とならないよう、チェックしておきましょう。

    返信を急かさない


    デート後に送ったLINEの内容を何度も見返して、既読が付くのを今か今かと待ってしまう人もいるでしょう。中には既読が付く前や、付いた瞬間に「催促LINE」を送っている人もきっといますよね。「かまちょ」とも思えるこのLINE攻撃は、相手にとってはとても迷惑な場合があります。

    また、お礼と同時にしつこく「次の予定はどうかなあ?」と煽るのも、うっとおしいと感じる人がいるので気をつけましょう。

    LINEを送るタイミングに注意する


    LINEを送るタイミングもとても重要です。解散してすぐに送るべきか、しばらく時間をおいてから送るべきか、悩むところでもありますよね。

    この問題も相手によって変わってくるので一概には言えませんが、相手が帰宅している最中に送ってしまうのはNGです。デートの余韻に浸る事なくすぐにLINEでのやりとりが始まるため、恋しさが半減してしまうでしょう。

    しばらく時間をおいて、帰路の途中に今日のデートを振り返ってもらい、相手が家に着く頃にLINEを届けられたら良いですね。

    返信がそっけなくても「理由がある」と考える


    デート後にお礼LINEを送って以降、突然彼がそっけなくなるなんて事もあるでしょう。お礼LINEの内容が悪かったのか、デート中の自分の言動がダメだったのか気になりますよね。嫌われたのかもしれない…と落ち込み、色々と悪い事を想像してしまうでしょう。

    しかし、あまり自分を思い詰めすぎると精神的にしんどくなってしまうので気をつけましょう。返信がそっけなかったり、全然返してくれなかったりした場合でも、相手はたまたま忙しいだけかもしれません。悲観的になり過ぎず「何か理由があるんだろう」と気楽に考えてみましょう。

    スタンプだけで送らない


    LINEのスタンプは、可愛いものや面白いものなど種類が沢山あって、つい乱用したくなりますよね。親しい間柄であれば、文字付きのスタンプだけで会話をすることだってあります。更に上級者であれば、スタンプのキャラクターの表情だけでLINEが成り立つ人もいるでしょう。

    しかし、これをデート後のお礼LINEでやってしまうのはNGです。通常の会話でも、スタンプだけで送ってこられる事に抵抗がある人もいます。

    ただでさえ、人によっては印象が悪くなってしまう「スタンプだけLINE」。これを、デート後のお礼を伝える場面で使ってしまうと、ドン引きされる危険があるのです。