デート後のLINEはどう送る?お礼LINEの注意点や脈アリサインを解説!

  • デート後のLINEで喜ばれるメッセージ《男性編》

    デート後のLINEは、相手からいつ届くか、どんな内容かなど、案外ドキドキするものですよね。帰り道に何度も、LINEが届いていないか確認している人もいるでしょう。

    ここからは、デート後に相手から届いた嬉しいメッセージを、男女別にご紹介します。まずは男性が、女性から貰って嬉しかったメッセージ内容です。

    「今日は一緒に過ごしてくれてありがとう」


    純粋に、言われて嬉しい言葉が「ありがとう」ですよね。誰に言われても嬉しいこの言葉を、気合を入れて挑んだデート後に言ってもらえたら、それだけで満足です。

    さらに、「一緒に過ごしてくれて」というこの低姿勢な言葉に、男性陣はキュンとくるようです。仕事などで日頃忙しくしている男性をいたわるかのようなこの言葉を見たら、疲れも吹き飛ぶでしょう。

    「君とならずっと一緒に過ごしたいよ」なんてキザな言葉が脳裏に浮かぶ男性もいるはずです。

    「今日のデートはとっても楽しかった!」


    デートプランは、女性ではなく男性が決めるというケースが多いでしょう。「どこかへドライブをしつつ、映画か水族館へ行って、その後美味しいご飯でも…」などと、男性はデートの流れを随分前から考えているものです。

    そんなふうに頑張ってプランを立てたご褒美として、女性からデート後に「楽しかった」というLINEが届いたら、この上ない達成感に満ち溢れるはずです。せっかく楽しいプランを考えてくれた彼に対しては、誠意を持って感謝の気持ちを伝えられるようになりたいですよね。

    「思い出し笑いしそう」


    「思い出し笑いしてしまうくらいに楽しかった」という女性のデート後の感想は、最高の褒め言葉ですよね。これはデート内容だけではなく、彼の性格や言動に対する評価でもあります。

    男性としては、デートプランを褒められるよりも、人として評価されるほうが嬉しいと感じる人も多いでしょう。デート内容についてはもちろん、彼と一緒に過ごしている時に起こったハプニングや、彼の言動などにも注目してデート後のLINEを送れたらベストです。

    「選んでくれたお店のご飯、美味しかったね」


    こちらも男性が言われて嬉しい言葉にランクインです。デート相手の女性の好きな食べ物や、苦手な食べ物をリサーチし、絶対に外さない良いお店を予約するなど、下調べをしている男性も多いです。

    行ったお店を評価してくれるというのは、そのお店を選んだ自分自身の評価とも言えるので、男性にとっては一生懸命に下調べをした甲斐があります。一緒に食べた中で美味しかった料理を伝えると、今後また男性が予約をする際に役立つので、あわせて伝えてみると良いでしょう。