「恋人繋ぎ」は脈アリの印?【相手別】男女の心理&本音を徹底解説!

  • 「恋人繋ぎ」をする男性の心理《友人編》

    恋人繋ぎは、その名の通り、カップル同士でよく見られる手のつなぎ方ですが、友人だと思っていた男性から恋人つなぎを求められることもあります。恋人でもないのに、恋人繋ぎをしたがる男性の本音とはいったいどのようなものなのでしょうか?

    もっと親密になりたい


    「もっと親密な関係になりたいと思ったから」(33歳/男性/会社員)「恋人繋ぎをきっかけに距離を縮めたいから」(35歳/男性/営業職)というように、恋人繋ぎをきっかけにより親密な関係になりたいという本音が隠れているようです。

    ただの友人なのに、手を繋ごうとするだけではなく、より密着度が高くなる恋人繋ぎをしようとするのは、好意を抱いている証拠です。特に手を繋ぐ前後の雰囲気がとてもよい場合は、期待してもいいでしょう。

    なんとなくノリで繋いだだけ


    「酔った勢いで」(23歳/男性/フリーター)「ロマンチックな雰囲気になったので思わず」(25歳/男性/会社員)など、その場のノリや雰囲気で恋人つなぎをした経験のある男性も目立ちました。

    特に人肌恋しい時や、恋人がほしいと思った時に、身近にいた女友達と恋人繋ぎをしてしまうのだとか。「恋人繋ぎをするくらいだから、きっと私のことが好きなんだ!」と期待する女性も多いでしょう。しかし、「嫌いじゃないけれど、その女性と付き合いたいかどうかは別問題」という冷たい意見もあります。

    自分の気持ちに気づいてほしいから


    「相手にアピールするため」(28歳/男性/事務職)「自分の気持ちを知ってもらいたいから」(34歳/男性/サービス業)というように、女性に面と向かって告白をする勇気がない男性が、自分の気持ちを伝えるために恋人つなぎをする場合もあります。

    本当は言葉で「好き」という気持ちを伝えたいけれど、フラれたときのことを考えると勇気がでない時や、告白をする前に自分に気があるかどうかを探りたい時に恋人繋ぎをするのです。恋人つなぎを受け入れてくれるということは、少なくとも嫌われてはいないと解釈し、さらにアピールするという男性も少なくありません。

    両思いだと確信したから


    「恋人同士ではないけれど、相手も同じ気持ちだと確信したから」(27歳/男性/自営業)「告白とも取れる言葉に応えるために」(25歳/男性/エンジニア)というように、両思いだと確信したから、恋人繋ぎをして気持ちを確認する男性も多かったです。

    自分のことが好きだと雰囲気でわかっている状況でも、面と向かって本音を聞く勇気がない時に、恋人繋ぎを求めることで相手の本音を探ろうとしているようです。草食系男子が増加している昨今では、付き合う前に恋人繋ぎをしようとする男性も増えているのかもしれませんね。