好きになってもらう方法【完全版】好きな人を振り向かせるには?

  • 好きな人に好きになってもらう方法《LINE編》

    好きな人とのコミュニケーションは、直接話すことだけではないですよね。今の時代、好きな人とLINEでコミュニケーションを取ることが多いでしょう。そんなLINEのやりとりにも、好きな人に好きになってもらうためのポイントが隠れています。チェックしてみましょう。

    メッセージはシンプルに


    基本的に、好きな人とのLINEのメッセージはシンプルにしましょう。あまりに長文だと、相手は「返信するのがめんどくさい」「少し重い」と感じてしまいます。

    特に男性は、女性よりもLINEが苦手という人が多いです。男性に長文で送れば送るほど、相手はめんどくさいと感じ、好きになってもらえる可能性も低くなってしまいます。また、女性側も長文LINEが来ると、「男の人なのに長文LINE送るんだ」と少し引いてしまうかもしれません。

    好きな人とのLINEで舞い上がってしまい、伝えたいことが多いあまり長文になってしまう気持ちもわかりますが、そこは抑えて、好きになってもらうために一つのメッセージは3行以内と短めにおさめましょう。

    返事は早めに返す


    彼や彼女に好きになってもらうためのLINEのやりとりは、テンポが大切です。そのため、返事はなるべく早めに返すようにしましょう。あまりにも返事を遅らせると、相手もあなたとLINEでどんな話をしていたのか忘れてしまい、あなたの存在も小さくなってしまいます。

    ただし、返事を早めに返すとしても、相手が返信しやすい時間帯に限ります。仕事中はテンポよくLINEなんてできませんし、寝ているであろう真夜中にLINEを送っては迷惑です。お互いの生活リズムを考え、相手が返事しやすい時間帯にメッセージを送って下さい。

    LINEでのテンションを合わせる


    LINEでも明るく、テンションの高いメッセージを送る人もいれば、普段は明るくてもLINEだと落ち着いたメッセージを送る人もいます。好きな人に好きになってもらうには、LINEでのテンションを合わせることが大切です。

    LINEではシンプルに落ち着いたメッセージのやりとりをしたいという人に、絵文字やスタンプをたくさん使ったテンションの高いメッセージを送ると、どうしても温度差が生じてしまいますよね。そして、お互いに疲れてしまい、LINEのやりとりをすること自体が億劫になってしまいます。

    そうならないためにも、メッセージのテンションが高い人には明るいメッセージを送り、LINEが落ち着いている人にはこちらも落ち着いたメッセージを送るようにしましょう。

    話しやすい話題を振る


    好きな人とのLINEでは、気軽に話せる話題を振ることが大切です。そのため、LINEでは、趣味や今日食べたものなどたわいないやりとりをすることを心がけましょう。

    LINEのやりとりをするプライベートの時間まで仕事や勉強の話はしたくないという人も大勢います。相手から振ってきた場合は別として、なるべく仕事や勉強の話は避けた方がよいでしょう。

    2人の共通点があれば、共通点を話題にすると話が盛り上がりやすくなります。そこからデートへ発展させることもできるので、LINEの話題作りは相手に自分を好きになってもらうために頑張りたいポイントです。