好きになってもらう方法【完全版】好きな人を振り向かせるには?

  • 好きな人に好きになってもらう方法《会話編》

    好きな人に好きになってもらうための行動がわかったら、次は会話の中でも好きになってもらうポイントを押さえていきましょう。

    会話中は笑顔でいる


    男女ともに、笑顔が多い人は魅力的な人が多いです。男性でも女性でも、異性の笑顔に惹かれる人は多いのではないでしょうか。それくらい笑顔は、人の心を惹きつけるパワーを持っています。

    そこで、好きな人と話すときは、常に笑顔でいることを心がけましょう。会話中いつも笑顔でいることで、相手は「いつも笑顔で明るくて、この子と話すのは楽しいな」と感じてくれます。

    また、ずっと暗い人といるより、ずっと笑顔で明るい人といたいと思いますよね。相手もそれは同じです。常に笑顔でいることで、「こんな笑顔でいてくれる人なら一緒にいたい」と思わせ、好きになってもらうのです。

    相手を褒める


    相手の良いところを見つけて、どんどん褒めていきましょう。褒められて嫌な気持ちになる人はいません。また、褒められることで、褒めてくれた相手に好印象を覚える人は多いでしょう。

    どのように褒めればいいかわからないという人は、その日のファッションなどを褒めるといいでしょう。「今日のその服、似合ってるね」など、会話の中にさりげなく取り入れるのがポイントです。

    あまりにもわざとらしく褒めると、「本当にそんなこと思ってる?」と疑われてしまうこともあるので、褒めるときはあくまでも自然に、さりげなくということを忘れないでくださいね。

    相手を下の名前で呼ぶ


    好きな相手に好きになってもらうためには、友達関係からさらに距離を縮めていかなければなりません。そこで有効なのが、相手を下の名前で呼ぶことです。苗字で△△さんと呼ぶより、下の名前で○○ちゃんや○○くんと呼んだ方が、距離が縮まった感じがしますよね。

    実際、下の名前で呼び合うことで、今までよりさらに仲良くなれることもあります。2人で話すことが増え、ある程度距離も縮まったら、呼び方を変えてみましょう。

    ただ、急に下の名前で呼んだりするとびっくりする人もいるので、「△△さんってなんか距離感じるから、○○ちゃん(○○くん)て呼んでもいい?」と聞くのがおすすめです。

    相手の話をよく聞く


    相手に好きになってもらうことばかり考えて、自分のことばかりアピールしていませんか?もちろん好きになってもらうためには自己アピールは大切です。しかし、「相手の話を聞く」ということも、好きになってもらうための一つの自己アピールになります。

    自分の話ばかりせずに相手の話も聞くことで、「この人はちゃんと人の話も聞いてくれる、気遣いができる人なんだ」と思わせることができます。そして、そんな気遣いのできる人なら、この先付き合ってもいいと思えるのです。