好きになってもらう方法【完全版】好きな人を振り向かせるには?

  • 好きな相手を振り向かせる心理テクニック!

    ここからは、相手に好きになってもらう方法を具体的にご紹介していきます。まずは、心理テクニックを使って好きになってもらう方法です。一体どのようにして人の心理を動かすのでしょうか?

    ザイアンス効果


    ザイアンス効果とは、別名「単純接触効果」とも呼ばれている心理現象です。人は、最初はよく知らない人でも、何度も会って話したりして接触していくうちに、好意を抱くようになると言われています。

    この心理を利用して、好きな人には積極的に接していきましょう。毎日会う環境なら、1日1回は必ず話しかけると決めたり、会わなくても電話やLINEで連絡を取り合ったりして、なるべくコミュニケーションを取るのです。

    ただ、ザイアンス効果を狙いすぎて、あまりにしつこく話しかけたり、大量のLINEを送ったりすると嫌われてしまうこともあるので注意してください。

    吊り橋効果


    好きな人と一緒に過ごしていると、ドキドキしてしまいますよね。逆に、異性と一緒にいるときにドキドキすると、「もしかして自分はこの人が好きなのかも」と思ってしまうものです。この心理を「吊り橋効果」と言うのですが、これをテクニックとして利用して、好きな人が自分といるときにドキドキする状況を作ってみましょう。

    吊り橋は、人によっては足がすくんでスリルを感じることもあり、とてもドキドキするものですよね。「吊り橋効果」という名前の由来はそこから来ています。

    好きな人とデートするまでの関係に進展できたら、吊り橋のようにドキドキする場所に行ってみましょう。例えば、遊園地のジェットコースター、お化け屋敷などがおすすめです。

    吊り橋効果で相手が自分にドキドキしているかのように錯覚させ、好きになってもらうように仕向けてみてください。

    類似性の法則


    人は、自分と共通点が多い人にとても親近感を持ちます。あなたの友人も、何らかの共通点がきっかけで仲良くなった人が多いのではないでしょうか。この、共通点が多い人と仲良くなる心理を「類似性の法則」と言います。

    この類似性の法則を使って、好きな人との共通点を見つけてみましょう。出身地や趣味などでもいいですし、好きな食べ物や音楽、映画など、小さなことでも構いません。そして、会話の中で「あなたと共通点がある」ということを強調するのです。

    共通点が多い人には親近感が湧くため、一緒に過ごすと居心地が良いと感じるようになり、いつしか好きになってもらえるかもしれません。

    ミラーリング効果


    「類似性の法則」の応用編といえるのが、「ミラーリング効果」です。ミラーリング効果の「ミラー」とは「鏡」のこと。好きな人がよく使う言葉や仕草をまるで鏡のように無意識に真似てしまったり、自分と似た言動をする人に好感を抱くようになる心理現象のことを言います。

    ミラーリング効果を狙って相手の真似をすると、相手はあなたと似ていると感じるようになります。そして「類似性の法則」も相まって「自分と似ているこの人のことが好きかも」と思わせることに繋がるのです。あるいは、「この人のことが好きだから似てきたのかな」と思うようになる人もいるかもしれません。

    類似性の法則で相手に親近感を持ってもらってから、さらにミラーリング効果を使えば、2人の距離をかなり縮められるでしょう。