「させこ」の意味&特徴とは?ヤリマンとの違いや脱出方法も解説!

  • 「させこ」な女性の特徴とは?《外見編》

    「させこ」だとわかるような特徴的な外見などあるのでしょうか。肌の露出が多いなどイメージしやすい特徴ももちろんあるのですが、見た目ではわかりにくい特徴を持つ「させこ」もいます。

    肌の露出が多い


    「させこ」は肌の露出が多いという特徴があります。受け身のイメージが強い「させこ」が、「ヤリマン」のように派手なスタイルをするのは違和感があるかもしれませんね。実は、それにも理由があるのです。

    「ヤリマン」は人に見せるためではなくファッションとしてカッコよさやかわいさを追求しますが、「させこ」は他人の視線を意識して肌を露出します。

    「させこ」自身はそのことに気づいていないかもしれません。しかし、人の視線を感じたいという「させこ」の深層心理が、肌を露出させ、セクシーなスタイルを無意識に選ばせるのです。自身をキレイに輝かせたいというよりも、注目を集めたいという心理が働くのが「させこ」の特徴です。

    ブランド物が好き


    肌の露出が多い「させこ」の心理と共通しますが、ブランド物を多く身に着けているのも「させこ」な女性の特徴です。ブランド好きの女性が自分を輝かすために身に着けるのとは、たいぶ意味合いが違います。

    ブランド品には人の関心を集める効果があることを「させこ」は意識しています。肌の露出と同じ効果を「させこ」にもたらしてくれるのが、ブランド品を身に着けることなのです。

    バッグが大きい


    たいていの「させこ」はいつも大きなバッグを持ってます。あるいは、バックはいつもパンパンです。「させこ」は受け身の女性が多いですから、「いつ男性から誘われるかわからない」と考えます。誘われたときに準備できていなかったらと不安で、バッグに必要以上の日用品を詰め込んでしまうのです。

    化粧品やコンタクトレンズの洗浄液などはもちろんのこと、歯ブラシ、下着やストッキング、簡単な着替えまで、もしものお泊りに備えています。

    化粧が厚かったり薄かったり極端


    極端に化粧が厚い女性が実は「させこ」だったというケースがあります。自信の無さを隠し、男性の目線を引こうとする意識が働くことで、化粧が徐々に厚くなってしまうのでしょう。厚化粧の「させこ」は化粧していない素の自分を見られるのを恐れます。

    一方で、薄化粧が特徴的な「させこ」もいます。薄化粧が好きな男性に誘われた経験があると、「させこ」自身が化粧が好きか嫌いかに関わらず、男性の視線を意識して薄化粧になってしまうのです。自分が化粧が好き、嫌いではなく、あくまでどう見られるかを重く考えるのが「させこ」の特徴です。