「させこ」の意味&特徴とは?ヤリマンとの違いや脱出方法も解説!

「させこ」は「セックスを簡単にさせてしまう女の子」のことですが、彼女たちが「させこ」になった理由は様々です。精神的、身体的な特徴から「させこ」の心理面まで解説し、彼女が「させこ」か探る方法や、「させこ」を脱却する方法までご紹介します。

  • そもそも「させこ」とは?

    「簡単にセックスをさせてしまう女の子」のことを「させこ」と呼ぶことがあります。男性から見ても女性から見ても、いい印象はない呼び名です。しかし、当然ですが「させこ」にも個性があって、ただ単にセックスがしたいだけの女性というわけではありません。

    今回は、「させこ」たちの性格や外見、心理を分析していきます。男性へのアンケート結果から見る「させこ」の印象や、さらに「させこ」をやめたい女性へのアドバイスもお伝えしますので、ぜひチェックしてください。

    「させこ」の意味


    「させこ」とは「簡単にセックスをさせてくれる女性」のことです。でもこの表現は、男性から見た場合の「させこ」の説明だといえます。男性は女性より性欲が強いのが一般的ですから、「させてくれる」という少し優しいニュアンスも含むのです。

    それに比べて女性からの視線はかなり厳しく、「好きでもない男にセックスをさせる最悪の女」という意味合いが含まれます。しかし「誰にでも体を許す女」という意味で「させこ」が使われるのは、男女とも共通といえます。

    「させこ」の類義語


    「させこ」と同じような意味で使われる類義語に「ヤリマン」があります。ですが「ヤリマン」と「させこ」はちょっとニュアンスが違います。「ヤリマン」が自己中心的な「女性上位」のイメージがあるのに対して、「させこ」は受け身で、男性に迫られてセックスする女性を想像させる言葉です。

    「ヤリマン」に近い言葉には「ビッチ」があります。こちらは女性を罵る言葉として強い印象を与える英語のスラングです。他には「尻軽女」とか「アバズレ」「淫乱女」などの表現も。どれも「させこ」よりセックスに対して積極的な女性を連想させます。

    ネガティブな印象の言葉


    「させこ」と呼ばれる女性にはネガティブな印象があります。そこが「ヤリマン」とか「ビッチ」とは全く違う点です。好むと好まざるとにかかわらず「ヤラせてしまう」のが「させこ」で、ポジティブに男性をつまみ食いするのが「ヤリマン」や「ビッチ」です。

    「暗い」「明るい」と言い換えると、しっくりくるでしょう。「させこ」はネガティブで暗い女性を感じさせますが、「ヤリマン」や「ビッチ」は、破天荒な明るい力良さをイメージさせます。

    またネガティブだからこそ、「ヤリマン」にはない複雑な女性心理を感じさせるのが「させこ」です。そんな「させこ」の性格に詳しく考えてみましょう。