LINEで別れ話をするのはアリ?ナシ?彼氏を傷つけない振り方も解説

  • LINEでの別れ話|パターン別の対処法

    LINEで別れを告げたときの対処法を、パターン別にご説明しましょう。どの対処法も、「別れる」という固い意志を持ってのぞむことが重要です。

    会って話したいと言われた場合


    最初に数回LINEのやり取りを試みてみましょう。それでも会って話したいと言われたら、既読をつけて、返信を送らないことをおすすめします。あなたはなるべく会うことは避けたいはずですので、それでも相手からLINEがくるかしばらく様子を見てみてください。

    何回も返信がくる場合


    既読をつけても何度も返信がくる場合、一度は面と向かって話す必要も出てくるでしょう。別れることに相手が納得していない証拠です。ふたりきりで会うのが不安なら、友達に同席してもらうことをおすすめします。

    電話で話したいと言われた場合


    LINEではダメなのかということを、一度相手に聞いてみましょう。なるべく電話では話したくない意思を伝え、それでも電話したいと言われたら、一回だけという約束で電話に応じましょう。直接会うよりは、電話の方がトラブルも少なく済むことが期待できますよ。

    返信がなかった場合


    返信がない場合は、相手が別れに納得できた証拠と受け取ってもいいでしょう。こちらから「読んでくれた?」と確認する必要はありません。そのまま様子を見ているだけでいいでしょう。