LINEで別れ話をするのはアリ?ナシ?彼氏を傷つけない振り方も解説

  • メッセージは慎重に!LINEで別れ話をする方法

    LINEでの別れ話は、メッセージに気を配り慎重に行いましょう。言葉選びや文章の内容などにも気を付ける必要がありますね。次でその方法についてご説明しますので、ぜひ役立ててみてください。

    相手が一人でいるか確認する


    最初に、相手が一人でいるかどうかを確認する言葉を入れましょう。万が一、隣に友達などがいると恥をかかせてしまうことになるので、必ずこの文章から始めることをおすすめします。また「今一人かな?」という文章が最初にあることで、あなたの感じがいつもとは違うことも分かってもらえるでしょう。

    もしもそれまでに、あなたが何気なく別れたい雰囲気を出していたとすれば、その一言だけで、彼氏もそれとなく察してくれるはずです。

    大切な話があることを伝える


    相手が一人かどうか確認する文章の後は、大切な話があることを必ず伝えましょう。たわいないおしゃべりのLINEではないということをアピールしながら、「大切な話なのでしっかり聞いて」という前置きになります。

    彼氏の勘が良ければ、この時点であなたがいつもと違う雰囲気だということに気付くはずです。そして「大切な話がある」と前置きをしているので、この後に続く本題の別れ話に、いきなりショックを受けることも軽減できるでしょう。

    直接別れ話ができないことを謝る


    最初は、対面ではなくLINEで別れ話をすることをまず謝りましょう。「なんでLINEなんかで!」と彼氏を怒らせないためです。「直接顔を見たらちゃんと気持ちが言えなくなるから」など、なぜ別れ話をLINEでするのかの理由にも触れると、彼氏も納得してくれるでしょう。

    ポイントは、この理由を回りくどく説明しないことです。彼氏は話の先を知りたがっている状態ですし、別れたい気持ちは変わらないのだから、ここで彼氏に対して妙な遠慮をしたり、気を持たせるようなあいまいな表現を使わない方がいいでしょう。

    別れの理由は簡潔に


    別れの理由はその人によって違います。ですがここで、彼氏に別れの理由を長文で説明する必要はありません。

    最初の説明が長すぎると、肝心の本題が理解しづらくなります。LINEを読み終えた彼氏を「別れ話だったのか…」とモヤモヤした気持ちにさせてしまうだけです。ですから最初に別れたいと告げ、その後に簡潔な理由を付け加えるだけにしましょう。

    決意ははっきり伝える


    LINEでの別れ話のメリットは前述のように、本心をしっかり彼氏に伝えられることです。なので、このメリットを最大限に活かしましょう。

    彼氏を傷つけないようにと、ふんわりした表現で別れたい気持ちを伝えるのはNGです。別れ話だと理解はしても「まだ挽回できるかもしれない」と、相手に気を持たせるような結果になってしまいます。言いたいことはベールに包まずストレートに、短くきっぱりと言い切ること。これを徹底しましょう。