LINEで別れ話をするのはアリ?ナシ?彼氏を傷つけない振り方も解説

  • LINEで別れ話をするメリット&デメリット

    日常で手軽に使っているLINEですが、別れ話のときに用いるのは「良い」「悪い」のどちらとも言い切れず、判断が難しい問題なのかもしれません。ここで、LINEで別れ話をするメリットとデメリットについて考えてみましょう。

    LINEで別れ話をするメリット


    LINEで別れ話をするメリットとして、ブレずに本音を伝えられるということがあげられます。別れ話をするとはいえ、それまではお付き合いしていた恋人同士です。面と向かって別れ話を切り出す場合、申し訳ないという気持ちがこみ上げて、はっきりと本音が言えなくなってしまう可能性もあります。

    その点、LINEなら彼氏の顔が見えないので、本心をしっかり伝えることができるでしょう。冷静な気持ちで文章を考え、別れの決意を言い切ることができるのです。

    LINEで別れ話をするデメリット


    LINEで別れ話をするデメリットは、別れ話が一方通行になってしまうため、一度で相手が納得しづらいということです。なんとなくの覚悟ができていたなら話は別ですが、相手にしてみれば「LINEで言われても納得できない」という言い分もあるでしょう。

    ですから、一回のやり取りで話が終わらないというリスクが非常に高いです。LINEで何度もやり取りをしなければいけなくなったり、どうしても彼氏が納得してくれなければ、結局最後は会わなければいけなくなったりなど、結末をズルズルと引きずってしまう可能性もあります。

    メリットとデメリットを踏まえて別れ話を


    別れ話をLINEでする場合は、これらのメリットやデメリットを十分に踏まえたうえで、どちらを選択するか考えたいですね。自分のことだけを考えれば、本心がしっかり伝えられるLINEで別れ話をしたいところ。しかし、二人の交際期間や彼氏の性格なども考えると、LINEでの別れ話は不向きという場合もあるでしょう。