別れの言葉まとめ【完全版】恋愛・職場…相手の心に響く一言とは?

生きていく中で、さまざまな出会いがあります。恋人、友達、仕事仲間など、出会った誰もが大切な人達でしょう。しかし、出会いがあれば別れもあり、言葉にして思いを伝えるべき瞬間がありますよね。あなたにとって大切な人、かけがえのない人へ、別れの時には素敵な言葉で思いを届けましょう。

  • 大切な人との別れ…心に響く別れの言葉とは?

    出会いがあれば別れもある人と人との世界。その中には、失いたくない、離れてほしくないと思うほどの大切な人もいるものですよね。
     
    そんな大切な人との別れの際、自分の思いを最大限、言葉にして伝えることができたら、少しでも心残りを減らすことができるでしょう。
     
    今回は、大切な人と別れることになった時に伝えたい、相手の心に響く別れの言葉をご紹介します。

    あなたにとって、その人はどれだけ大切な存在だったでしょうか。そしてどんな特別な思いを持っていたでしょうか。あなたのその思いが相手に伝わるように、状況や関係性に応じた言葉を相手にかけてみることにしましょう。
  • 心に響く恋愛での別れの言葉《彼女編》

    「別れ」と聞いてすぐに頭に思い浮かぶのが、恋人との別れですよね。

    大切に思っていた彼女と様々な事情があって別れることになった時、これまでの恋愛を無意味なものにしたくはありませんし、悪い思い出にもしたくないものです。
     
    大切に思っていた彼女だからこそ、最後には相手の心に響く言葉を届けたいものですよね。「この人と出会って良かったな」と思ってもらえるような言葉を伝えましょう。

    「幸せにできなくてごめんな」


    本当は幸せにしてあげたくて付き合ったものの、結果的に彼女を幸せにすることができなかったことを、「自分が悪かったからだ」と伝えているともとれる言葉ですね。彼女に責任を感じさせないようにという、彼氏としての最後の優しさも、その背景に感じられる言葉です。
     
    素直に彼女のことを幸せにできなかったことに対して「ごめん」と謝ることで、最後まで魅力ある姿を見せられるでしょう。

    「恋人じゃなくても俺はお前の味方だから」


    彼女という存在だったから大切だったという訳ではなく、純粋に人として大切に思っていることが分かる別れの言葉です。
     
    特に彼女側の意思で別れることになった場合に、彼女の心に響く言葉ですよね。それでいて、今までも味方で居てくれたんだと彼女が再認識する言葉にもなるでしょう。
     
    たとえ恋人という関係ではなくなっても、自分のことをよく分かってくれている人がずっと味方で居てくれると思うと、女性は嬉しく感じるものです。寂しくても辛くても、「この気持ちに嘘はないよ」という思いを別れの際に伝えると、安心感を抱いてもらえるでしょう。

    「出会えて良かったよ」


    喧嘩別れになった場合、その理由によっては、相手との出会いやこれまでの期間を否定してしまうことがありますよね。「付き合わなければ良かった」「好きにならなければ良かった」など、出会ったこと自体を一瞬後悔してしまうことがあるでしょう。そしてそのままストレートに言葉で伝えてしまい、相手を傷つけてしまうこともあります。
     
    でも、彼女と恋愛し付き合っていた期間、楽しかったことや嬉しかったことはもっと多かったはずです。それを良い思い出にするためにも、出会ったことには感謝するべきですよね。
     
    別れることになったのは辛い結末ですが、出会ったことを否定せず、「出会えて良かった」と感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

    「絶対幸せになれよ」


    彼女のことを好きだったからこそ、そして素敵な女性だと分かっているからこそ、幸せになってもらいたいと思う気持ちはありますよね。この言葉は、彼女を魅力的な女性であると認識していることが伝わるフレーズでもあるでしょう。
     
    彼女に苦労をかけたり、心配ばかりかけてきた場合には、彼女の心に響く言葉です。

    「きっといつか後悔するんだろうな」


    「こんな良い彼女を手放すなんて…」と未来の自分が後悔する姿を想像して言う言葉です。こう言われたら、彼女もきっとさらに寂しく感じるでしょう。
     
    とはいえ、別れの決断をしたのですから、やっぱり撤回しようかな…などと優柔不断な姿を見せずに、一度決めたことは曲げずにいたいところですよね。
     
    「自分はなんて馬鹿なんだ…」という気持ちを表現したい場合は、「いつか後悔しそうだ」と素直にこぼすことで、名残惜しい気持ちを表現できます。また、別れる彼女に対しても悪い印象を抱かせない言葉になるでしょう。

    「好きになってくれて、ありがとう」


    誰にでも欠点や短所があるものですよね。そんな悪いところを見ても好きになってくれて、恋愛感情を持ってくれて、恋人として一緒に歩み出すことは、やはり奇跡に等しいものでしょう。
     
    こんな自分を好きになってくれたこと、そして一緒の時間を過ごしてくれたことに感謝して、「ありがとう」と素直に伝えるべきです。そんな綺麗で素敵な別れ方ができたら、次の恋愛の時にはお互いに成長できていることでしょう。