誰にも相談できない…悩みを相談できない心理や原因・対処法とは

  • みんなの「相談できない自分」克服エピソード

    一人で解決することが難しい場合、誰かに相談しない限り、前に進むことはなかなかできないでしょう。それなのにいつまでも相談できない性格でいるのは辛いですよね。相談できない性格はどうやったら克服できるのでしょうか。実際に相談できない性格を克服したことがあるという人の意見を参考にしていきましょう。

    仲の良い友達を作った


    「友達付き合いが苦手だった私。これではダメだと思い周囲に溶け込む努力をしていたら親友ができた」(23歳/女性/銀行員)
    「どうしても人付き合いが苦手なので、狭く深くを意識して狭い範囲だけで付き合いをしている」(29歳/男性/介護職)

    信頼できる友人がいないなら、作る努力をしてみましょう。むやみやたらに手当たり次第に交友関係を広めてもトラブルになりかねません。狭い範囲で良いので「深い仲」になれる友人を見つけてくださいね。

    専門のカウンセラーに相談する


    「夫婦関係のことは周囲には相談しにくいので、夫婦カウンセラーに今後のアドバイスをしてもらうことになった」(38歳/男性/営業職)
    「金銭の相談は周囲にしにくい。プロのカウンセラーに相談するとアドバイスが的確で助かった」(27歳/女性/専業主婦)

    周囲に弱みを見せたくない人もいるでしょう。その場合は、専門のカウンセラーに相談してみることをおすすめします。心理を始めとする専門カウンセラーは悩み相談のプロです。守秘義務がありますので、周囲に知られたくない自分の諸事情も必ず漏洩しないようにしてくれるでしょう。

    電話無料相談や、インターネット相談もあります。誰にも相談できない、または相談できそうな人がいない場合は、心理カウンセラーを検討してみてくださいね。

    警戒しすぎない


    「人に裏切られたことがあるが、あんなことは滅多にないと忘れるよう努めた」(31歳/男性/IT関連)
    「本当に裏切られないのか心配になると相談できない。人を警戒しすぎないようにしている」(25歳/男性/美容師)

    誰にも相談できないできないタイプの人の中には、極端に人を恐れている人がいることも珍しくありません。極端に人を恐れているようでは、本心をさらけ出して相談することはできないのです。人を警戒し続けていては精神的にも疲れてしまいますし、何より人生を楽しむことができません。世の中は悪い人ばかりではないので、ビクビクせずに交友するようにしてみましょう。

    ダメな自分を認める


    「自分はそんなに強くないんだと思うと気が楽になった」(26歳/男性/営業職)
    「完璧主義だった私。ダメな時もあるものだと諦めてから悩みも減ってきたと思う」(27歳/女性/看護師)

    完璧にこなしたいと思うこと自体にはなんの問題はありません。しかし、完璧にできないとダメだという考えでは辛くなってしまいますね。完璧な人間などいないのです。ダメな自分を認めることで楽になり、周囲に相談できないと悩むこともなくなるでしょう。

    人を好きになる努力をする


    「人の欠点ばかり目についてしまっていた。今は人の長所を探すようにしている」(29歳/女性/事務員)
    「取っつきにくそうだと先入観で決めつけてしまっていたが、話をしたら案外良い人だった」(39歳/男性/行政書士)

    相手を警戒しているようでは相談はできないものです。相手の悪いところを見つけてばかりいては対人関係が辛くなる一方ですので、逆に長所を探していくようにしてください。長所探しは案外楽しく、誰かを傷つけることもありません。人を好きになる努力をしていれば、誰にも相談できない性格も変わっていくことでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)