誰にも相談できない…悩みを相談できない心理や原因・対処法とは

誰にも相談できない悩みを抱えていませんか。誰にも相談できないでいるとストレスが溜まってしまいます。誰にも相談できない人の心理や原因に迫り、誰にも相談できない時の解決方法や克服方法を学んでいきましょう。誰にも相談できない悩みを解決させたい人はチェックしてください。

  • 誰にも相談できないのは普通?おかしい?

    交友関係、仕事、夢、恋愛、体調…。人生には悩みがつきものですね。周囲に相談したり、自分で努力したり、試行錯誤しながら悩みを解決していくしかありません。しかし、世の中には誰にも悩みを相談することができない人もいます。誰にも相談できないのは普通ではないのでしょうか。

    辛さを耐えなくてはならない時もありますが、悩みを一人で抱え続けることは精神に多大なる影響を与えてしまうことが懸念されます。周囲に悩みを抱え込んでしまっている人がいたり、あるいは自分が誰にも相談できないタイプであるという場合、どう対応するべきなのかを考えていきましょう。
  • 「相談できない」と思う心理

    どうしようもない悩みがある場合、人は周囲に相談したり、あるいはその悩みから逃げ出したりするものです。自分を追い込まないためにも、そうあるべきなのでしょう。しかし、悩みを誰にも相談できないタイプの人は、悩みから逃げることもせず一人で抱え込んでしまうのです。相談できない人には、どんな心理が働いているのか考えていきましょう。

    心配をかけたくない


    「良い親友だからこそ、負担をかけたくなくて相談できない」(22歳/女性/学生)
    「悩みが多すぎて、すべて聞かせるのは申し訳ない」(27歳/男性/営業職)

    周囲に極力迷惑をかけずに生きていこうとする姿勢は素晴らしいものです。他人に負担をかけるくらいなら、悩みを打ち明けずに我慢しようとする人も多いのでしょう。我慢が美徳だと思いがちな日本人にありがちな心理なのかもしれませんね。

    しかし、相談された相手は本当に迷惑だと思うのでしょうか。この心理が働く人は「迷惑をかけるに違いない」と思い込んでいる場合が多いのです。自分が逆の立場だったら迷惑に感じるのだろうかと一度考えてみてください。

    本音を言いたくない


    「私は強い人間だと思われている。弱みをなかなか見せられない」(25歳/女性/営業職)
    「快適に過ごしているように見られたくて、つい見栄を張ってしまう」(29歳/男性/薬剤師)

    「しっかりしているね」「芯が強いね」と言われるタイプの人は、その期待を裏切りたくないという心理からなかなか人に弱さを見せることができません。また、悩みなどない順風満帆な人生を歩んでいるふりをしたい心理の人もいます。この心理が働いてしまう人は、自分を偽らなければならないため、ストレスが溜まりやすいと言えるでしょう。

    悩みを周囲に知られたくない


    「友人に先輩のことで相談したら、頼んでないのに先輩に掛け合ってしまい、それ以降気まずくなった」(25歳/男性/消防士)
    「不倫をしてしまった時、内容が内容だけに誰にも相談しなかった」(23歳/女性/エステティシャン)

    悩みを相談した時の周囲の対応が、自分の希望通りのものであるとは限りません。「こんなことなら言わなきゃ良かった」という結末になる場合もあるのです。また、誰にも相談したくないのではなく「誰にも相談できるはずのない悩み」を持っている人もいるのですね。近い人ほど相談しにくく、一人で抱え込んでしまうことになるのです。

    人を信用できない


    「好きな人のことを相談していた友人が、その後、私の好きな人と付き合いだしたことを知った」(24歳/女性/保育士)
    「親身になっていくれていると思っていた友人が、実は周囲に私の悪口を言いふらしていた」(27歳/女性/ネイリスト)

    自分の悩みを相談しようと思えるほど信頼できる友人がいることは、とても良いことです。しかし、その信頼していた友人に裏切られた場合「もう人を信用するのはやめよう」と思ってしまいかねません。裏切られた経験が、誰にも相談できない性格を生み出してしまったのでしょう。