キスで舌を入れるときのコツとは?ディープキスの上手なやり方を解説

ディープキスにもいろいろな種類があるのをご存知ですか?中にはやり方がわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、ディープキスの種類から舌の入れ方まで紹介しています。今よりももっと気持ちの良いキスをしてみたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね!

  • キスの「舌遣い」で彼をメロメロにしたい!

    キスの時にたまには自分から積極的に舌を入れてみたいけど、具体的なやり方がわからずに困っていませんか?実は舌を入れるディープキスにもいろいろな種類があります。普段見せている可愛らしさとは対照的なエロさを彼に見せるためにも、この記事を参考に、ディープキスの上手なやり方を覚えてくださいね。

    恋人同士の愛情表現として欠かせないキスですが、ちょっとしたコツを覚えることで、いつも以上に盛り上がる情熱的なキスにすることができます。最近マンネリ化しているというカップルも、マンネリ解消のきっかけにすることができるでしょう。

    今回は、いろいろなディープキスのやり方とキスをする時のコツをご紹介します。ぜひ実践して、彼をメロメロにしましょう!
  • 【ディープキス】舌を入れるキスの種類

    ひとくちにディープキスといってもいろいろな種類があります。ここではディープキスの種類を紹介しているので、ぜひ試してみてくださいね。

    カクテルキス


    「カクテルキス」は、唇や舌を吸ったり離したりを繰り返すキスのやり方です。カクテルのように混ざり合うイメージからそう呼ばれています。

    カクテルキスは一般的にイメージするディープキスに近いため、初心者でも挑戦しやすいキスです。ぜひキスの中盤に取り入れて、お互いの気持ちを盛り上げてくださいね。

    ピクニックキス


    「ピクニックキス」は、唇を使わず舌だけを触れ合わせるキスです。こちらもやり方は簡単で、お互いが口を開けて舌を出し、上下や左右に絡ませ合います。

    ピクニックキスのように舌を出して行うキスは、見た目もエロティックで盛り上がること間違いなし!より興奮させるポイントは、たまに相手の目を見て行うことです。

    ピクニックキスをするときはリラックスして力を抜き、舌の柔らかさを楽しむようにしましょう。

    ニプルキス


    舌を使って相手の唇を舐めるようにするキスを「ニプルキス」と言います。やる際は、舌先を使って唇をなぞるように舐めてあげましょう。

    ニプルキスでは、焦らずジワジワと感覚を味わうようにすることで、よりエロさを感じ楽しむことができますよ。ポイントは、いつもよりもゆっくりと舌を動かすことですので、相手の反応を見ながら速さを調節してみてくださいね。

    スロートキス


    「スロートキス」は、相手の舌を吸って自分の口内に誘い込むキスです。このキスはかなりエロティックなので、序盤ではなくキスが盛り上がってきたら行うのがいいでしょう。

    スロートキスでは吸い方に強弱をつけて、リズムよく行うのがポイント。スロートキスで舌を吸うときは、強く吸い過ぎると痛みが伴うこともありますので、相手が痛がらないよう力加減に注意してくださいね。

    サーチングキス


    相手の口内を探し回るように舌を動かすキスを「サーチングキス」と言います。例えば歯茎や歯の裏側など、普段は舐めないような場所をすみずみまで舐めながら、相手の気持ちいいポイントを探しましょう。

    サーチングキスは、普段は受身になることが多いという人にこそ挑戦してほしいキスです。サーチングキスをされる側はいつもと違った、支配されるような感覚にドキドキすること間違いなし!