「恋の病」とは?主な症状からチェックリスト・治し方まで徹底解説!

  • 「恋の病」にかかったことある?【男女の経験談】

    恋の病にかかると人はどうなってしまうのでしょうか?みんなの体験談を集めました。

    寝ても覚めても彼のことで頭がいっぱい!


    「強烈に一目惚れしたため、出会った日から寝ても覚めても彼のことで頭がいっぱい。最初は楽しかったのですが、次第に彼のことが頭から離れなくなり苦しかったです」(27歳/女性/事務)

    恋の始まりは、誰にとっても楽しい時期。いずれは病と化してしまう恋も、相手と出会った瞬間は軽やかで心踊るものだったはずです。しかし、どんな恋でも自分の中で温めすぎると苦しいものへと変化します。

    恋愛は、ある程度のスピード感も大切。いつも片思いを長引かせてしまうという人は、その想いが恋の病になる前に、相手に対してアクションを起こしてみてください。

    彼女の行動をつい気にしてしまう


    「付き合っている相手を束縛してしまうところがあります。浮気していないか気になって、こっそりスマホを見てしまうことも」(30歳/男性/営業)

    付き合っている相手の行動が気になってしまい、束縛してしまう。ついつい相手のプライベートな領域まで踏み込んでしまう。これも、恋の病でありがちな行動のひとつです。

    相手の行動が気になるのは、自信のなさの表れと言えるでしょう。自分を好きでいてくれているという自信が持てないために、相手の本心を試したくて、束縛してしまったりプライベートを盗み見てしまったりという行動に出てしまうのです。これでは、恋愛をうまく育てていくことは難しいでしょう。

    友人から避けられるように


    「恋愛に悩んでいる時、相手の都合を考えず、毎日毎晩友人に電話していました。気づけば話を聞いてくれていた友人からは避けられるように…」(25歳/女性/アパレル)

    恋愛に夢中になると、それ以外の人間関係をついおろそかにしてしまう人も。特に、好きな人を優先して友人との約束をキャンセルしたり、延々と恋愛相談を繰り返したりしている場合は要注意です。仮にその恋が上手くいったとしても、友人からはそっぽを向かれるという悲しい事態が待っているかもしれませんよ。

    いつも話を聞いてもらっているなら、友人の悩みにも耳を傾けるなどしてきちんと感謝を示しましょう。

    尽くしすぎてしまう


    「付き合っているわけでもないのに、送り迎えしたり、欲しいものを買ってあげたり。完全に利用されていました。その後、向こうに彼氏ができたら音信不通に」(30歳/男性/サービス業)

    恋の病が悪化してくると、普段なら冷静に考えることができる状況でも自分を見失ってしまいます。相手の喜ぶ顔見たさに、うまく利用されてしまうこともあるでしょう。

    何でもかんでも言うことを聞いてくれて、思い通りにコントロールできる相手は、便利なだけで決して魅力的には映りません。利用されているなと感じることがあれば、勇気とプライドを持って断ることも必要ですよ。