「恋の病」とは?主な症状からチェックリスト・治し方まで徹底解説!

「恋の病」という言葉は、誰でもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。恋の病にはどんな症状があるのか、また、かかってしまった際の治し方などをご紹介します。恋愛にどっぷりはまって疲れてしまった…と悩んでいる人は必見です!

  • そもそも「恋の病」とは?

    「恋の病」とよく言いますが、実際のところどういった状態を表すのでしょうか?はじめに、「恋の病」という言葉の意味をチェックしていきましょう。

    「恋の病」とは?


    「恋の病」とはその名の通り、恋愛に心を占領され、日常生活や健康状態に支障をきたしている状態のことです。また、全てにおいて恋愛が最優先事項となるため、それ以外の人間関係を疎かにしてしまったり、仕事に身が入らなくなったりなど、これまで通りの自分を保てなくなる人もいます。

    特に、若い世代やいわゆる非モテ系の人たちは、恋愛に対する免疫が低いため、恋の病に陥りやすい傾向にあります。

    「恋の病」の英語表現


    恋の病は世界共通。人間が恋愛を営む限り、国や時代を問わず、世界中のどこかでいつも誰かがわずらっています。

    そんな恋の病を英語にすると、love(恋愛)とsickness(病気)を合わせた「lovesickness」というワードで表現されます。ラブソングの歌詞に登場しそうな言葉ですね。