ズバリ「名器」の特徴とは?男に聞いた名器女性エピソード&見分け方

  • 名器に近づくためのトレーニング方法とは?

    名器の主な特徴は、「締まり」「密着度」「濡れやすさ」「刺激の数」が優れていることです。これらの要素を身に付けるためには、具体的にどのようなトレーニングが必要なのでしょうか。

    トレーニングによって改善できるのは「締まり」と「濡れやすさ」です。膣圧に影響する筋肉を鍛え、快感を得る喜びから愛液の分泌を促しましょう。

    膣トレをする


    締まりを良くするために最もポピュラーな方法が、「膣トレーニング」です。膣内をキュッと狭くするように意識してみましょう。

    下腹部に力を込めることと、肛門をきつく閉じることをイメージします。膣が引き上げられるような感覚を覚えましょう。実際に指を入れて締まり方を確認してみると確実です。

    膣トレ用のグッズも多く販売されているので、自力では難しいと感じる人は道具を試してみるのも良いでしょう。

    骨盤底筋を鍛える


    骨盤底筋とは、その名の通り骨盤の底にある筋肉で、排便や排尿のコントロールをする部分です。骨盤底筋を鍛えることで、女性器をコントロールすることも可能となります。

    膣トレをすることでも骨盤底筋を鍛えることができますが、スクワットなど下半身の筋トレによっても鍛えることができます。

    柔軟体操をする


    膣に柔軟性を持たせるためには、体全体を柔らかくすることも大切です。筋肉は凝り固まることで可動域が狭くなってしまいます。膣に関しても同じで、柔軟性を欠くことによって動きが悪くなる可能性が考えられます。

    柔軟体操は、お風呂上りなど筋肉が柔らかく血流の良いときに行うことがおすすめです。簡単に体を伸ばすストレッチだけでも、継続することで少しずつ効果が表れます。

    体の歪みを矯正する


    正しい姿勢の体は、筋肉がバランスよく発達し、動きもスムーズです。左右均等に筋肉が付いた体であれば、女性器にも圧力が加わりやすく、締まりやうねりに繋がるでしょう。

    日々の生活において、正しい姿勢を心がけましょう。体の歪みを直すことは決して簡単ではありませんが、ボディケアとしての効果も高く、非常に有用な方法です。

    イメージトレーニングをする


    女性器を成熟させるためには、経験も大事です。ただし、無理に膣内を刺激するのはおすすめしません。自慰をするよりも、まずはイメージを膨らませることから始めましょう。

    女性の場合、セックスには気持ちが大きく影響すると言われています。興奮度を高めることで、感度や濡れやすさに変化が表れるでしょう。感度が上がれば、締まりやうねりにまで影響する可能性もあります。